[獣医師コラム] 夏場に増える犬の皮膚トラブル、 家庭でできる予防と病気ケアとは?

  • シェア 792
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
dog_10

 

かゆがる、湿疹、ハゲてきたなど、夏場に増加する犬の「皮膚トラブル」。長期化したり、再発をくり返すことも多く、なかなか厄介なしろものです。犬にはどんな皮膚トラブルが多いのか、また家庭での注意点やケアについても知っておきましょう。

 

よく見られる犬の皮膚トラブルとその原因

【膿皮症】

夏場に増えるのが、膿皮症です。膿皮症は感染症で、肌が荒れたり傷があると、そこから雑菌が入り込んで繁殖します。気温・湿度が高くなる梅雨から夏は、雑菌が繁殖しやすくなるので要注意。一過性の場合は、抗生剤で治りますが、肌荒れの根本を治さないと再発をくり返します。お手入れの仕方や食事を見直して、皮膚のコンディションを良くすることが必要です。

 

【ノミアレルギー性皮膚炎】

ノミの唾液成分に対するアレルギーによって起こる皮膚炎で、これも比較的よく見られます。1匹のノミに吸血されただけでも発症し、刺された個所だけでなく、体全体がかゆくなるのが特徴です。

 

【食物アレルギー】

季節性がなく常時かゆがる場合は、食物アレルギーの可能性も。病院では、除去食(アレルギー対応食)を使ってアレルギーか否かを調べることもできます。除去食で症状が治まれば食事性のアレルギー、変わらなければ食事以外が原因というわけです。

 

【脂漏症】

皮膚の新陳代謝が極端に速まり、皮脂やフケが異常に多くなる病気です。通常、健康な犬のターンオーバー(皮膚が生まれ変わるサイクル)は約3週間ですが、脂漏症だと5~7日というケースも。そういうコだと週1回のシャンプーでも足りません。

 

【食事の影響】

皮膚の健康と食事は密接に関わっています。太っているからとダイエットフードにすると、カサついたり毛づやが悪くなったり、皮膚の状態が悪化してくることも。その場合は、もとのフードに戻して量を減らしたり、サプリメントで不足成分を補ったりします。

 

【ホルモンの影響】

避妊をしていない犬の場合、発情期間中、ホルモンの影響で、毛が抜けたり皮膚にかなり変化が出ることがあります。2ヵ月程度で落ち着くので、そのままにしておくか、症状が重い場合は薬を使うことも。また、去勢後、まれに甲状腺ホルモンの病気が出て、毛が抜けることもあります。

 

【免疫力の低下】

加齢とともに免疫力が低下してくると、皮膚トラブルを起こしやすくなりますが、逆に花粉症のように、年齢を重ねるにつれてアレルギー反応が緩やかになるケースもあります。

 

家庭でできる病気の予防とケア

●「調子がよいときの状態」を把握しておく

日頃の注意点として、ブラッシングのときも地肌チェックを意識すること。毎日見ていれば、色がいつもと違えば、すぐに気づくはず。自信がなければ、同じトリマーさんに継続的に見てもらうといいでしょう。病院ではたまにしか見られないので、そのコの本来の皮膚の状態がわかりません。うちのコの「調子がよいときの状態を知っておくことはとても大切です。

 

●ベタッとしてきたらシャンプーのタイミング

愛犬の洗い上がりの手触りと、例えば5日後の手触り、飼い主さんならその違いはわかりますよね? ベタッとしてきたなと思ったら、皮脂が出てきて汚れているサインなので、シャンプーのタイミング。犬の皮膚はデリケートなので、シャンプーは犬専用のもので、被毛だけでなく地肌に良いものを選んでください。

 

●一年のサイクルを読んで早めの対策を

愛犬がある程度の年齢なら、そのコの一年のサイクルがわかるはず。皮膚トラブルの症状が出始める時期を見計らって、スキンケアを重点的に行ったり、サプリメントを飲ませるなど、早めの対策を心がけましょう。

 

●皮膚の保護を意識

夏場、サマーカットをしたら、1枚服を着せるなど、皮膚の保護を意識することも必要です。皮膚トラブルは体質によることも多いので、完治をめざすより、愛犬の体質を把握して、適切なケアで症状をコントロールしていきましょう。

 

◆関連コンテンツ

獣医師コラム「膿皮症」

ペットライブス膿皮症膿皮症は、皮膚に黄色ブドウ球菌などの最近が感染することによって生じる化膿性の皮膚病の総称。皮膚に赤いブツブツや膿疱、かさぶた、脱毛などの症状がみられます。詳しくはコチラ

 

 

獣医師コラム「ノミアレルギー性皮膚炎」

ペットライブス膿皮症「動物がいるところにはノミがいる」 都会であっても公園や河原などで、ノミを拾ってくる可能性は十分にあります。詳しくはコチラ

 

 

箱崎加奈子

獣医師・トリマー・ドッグトレーナー 箱崎加奈子

アニマルクリニックまりも 院長

麻布大学獣医学部卒。気軽に立ち寄れるペットオーナーのためのコ ミュニティスペースを目指し、「ペットスペース&アニマルクリニックまりも」を東京都世田谷区、杉並区に開業。病気はもちろん、予防を含めた日常の健康管理、ケア、トリミング、預かり、しつけなどを行う。2011年「女性獣医師ネットワーク」を立ち上げ、女性獣医師のための支援 として、動物病院の働き口や技術向上のための講習会の紹介を行っている。▶アニマルクリニックまりも
女性獣医師ネットワーク

 

 「獣医師コラム」をもっと読む

dog_10

この記事が気に入ったら
フォローしてね!