みんな違って、みんな幸せ。ペットとの健やかな日々を
facebook twitter rss

検索

犬のおもちゃは、ひとり遊び用と一緒に遊ぶ用に使い分けを!|行動学の専門獣医師が解説

ボールを咥える柴犬
犬用のおもちゃは、今、いろんなものが出ています。愛犬の喜ぶ顔が見たさに、せっせと新しいおもちゃを買い込んでいる飼い主さんも多いのではないでしょうか。しかし、おもちゃを間違って使っているケースも実は少なくないんです。
「おもちゃの選び方・使い方」について、おもちゃの2つの分類方法とそれぞれの使い方についてお話します。

犬のおもちゃを2つのグループに分類する理由は?

私は、おもちゃをA、Bの2グループに分類しています。Aグループは、犬のひとり遊び用のおもちゃ。Bグループは、飼い主さんが一緒に遊んであげるおもちゃ。

なぜA、B、2つのグループに分けるかというと、犬にひとり遊びばかりさせないためというのも理由の一つ。最近は、共働きの忙しい飼い主さんが多く、つい犬におもちゃだけを与えて「ひとりで遊んでね」と放置しがちです。でも、それをさせてしまうと、いざおもちゃを取り上げようとしたときに、取り上げられなくなってしまうんです。

おもちゃで遊ぶトイプードル

犬も月齢が上がり7~8ヵ月ともなれば、物欲や執着が強くなってきます。取り上げようとすると、犬は取られたくないから逃げる。飼い主さんが追いかけて、奪い取る。それをやってしまうと、1回目は成功しても、その後どんどん取りづらくなっていきます。ですから、ひとりで遊ぶ時間も作ってあげればいいけれど、そのときはAグループのおもちゃでね、ということ。

その一方で、1日1~2回、飼い主さんが犬と向き合って、Bグループのおもちゃで一緒に遊んであげてほしいんです。犬とコミュニケーションする時間をとって、犬が口にくわえているものを取り上げるときに、「ちょうだい」とか「オフ」という言葉を教えて、快く放すことを学ばせる。それができれば、別のシチュエーションや危険なものを口にしたときでも、「ちょうだい」で危険回避ができるわけです。

オモチャを咥えるパピヨン

 

犬の「ひとり遊び用のおもちゃ」を選ぶポイント

<Aグループ>のひとり遊び用のおもちゃの条件としては、
●安全性が高く、飼い主さんの監視がなくても遊べる
●耐久性がある
●サイズがその犬に合っている。そして、基本的に、人間のために作られたおもちゃは与えない

例えばスーパーボールなどを与える方がいますが、壊れやすいし、大型犬の子犬だと飲み込んだりして危険です。結果として、Aグループには、デンタルケア系のものが多く入ってきます。また、フェッチのような犬がかじれる木の棒やハーツの樹脂製デンタルボーンなど。中におやつを入れて与える知育玩具などもこのグループに入ります。ただし、歯みがきおやつのような食べて手元になにも残らないものは含めません。

犬のひとり遊び用のおもちゃ

Aグループのおもちゃは、つねに犬がいる環境に置いてあって、飼い主さんが介在しなくてもいつでも自由にかめるようにしておきます。ケージでお留守番のときは、ケージの中に入れておきます。甘がみやいたずら防止にもなる、それがAグループのおもちゃの概念です。

●Aグループおすすめのおもちゃ

フェッチ! (Fetch!)


ハーツ (Hartz) デンタル ボーン


コング(Kong)


リッチェル ビジーバディ ツイスト

 

犬の「ひとり遊び用のおもちゃ」はローテーションで与える

皆さん、犬のために複数のおもちゃを買ってあげると、それを全部床に転がすんです。でも、それだと飽きてしまう。ですから、Aグループのおもちゃが4つあるとしたら、それをローテーションします。1番のおもちゃを数日あげたら、それを取り除いて2番。2番を数日あげたら取り除いて3番。1、2、3、4、1、2、3、4と回していくと、同じおもちゃでも目新しくなるので、飽きるのを防げます。

また、甘がみの予防として、これならかんでもいいということを教えていきたいので、Aグループのおもちゃをかんでいたら、遠くからでもいいので「いい子だね」と声をかけて、それが正しい行為であることを犬に教えてあげるようにします。

ひとり遊び用のおもちゃを噛む白いトイプードル
 

「飼い主さんと一緒に遊ぶおもちゃ」を選ぶポイント

対して、<Bグループ>の飼い主さんが一緒に遊んであげるおもちゃは、
●耐久性がなくて、破壊されやすいもの
●布とかラテックス製で、犬が大好きで執着しやすいもの

ということになります。Bグループのおもちゃは、家の中に放置するのではなく、かごに入れて犬の手の届かない、見えない所に置きます。かごを下に置くと犬が勝手に持ち出して遊んでしまうし、おもちゃを飼い主さんの前に落として「投げて」と催促するような遊びのスタートにも。

また、見える所に置くと、犬がそこを目がけて吠えたりしてムダ吠えのきっかけになることもあります。ですから、まったく見えない、アクセスできない場所に置くことが重要です。

扉付きの棚の中など、犬から見えない・犬が取り出せない場所に保管
 

●Bグループおすすめのおもちゃ


Fohil ロープ型オモチャ


サンジョルディ たまごちゃん

 

「飼い主さんと一緒に遊ぶおもちゃ」は楽しいしつけのツール

Bグループのおもちゃは、飼い主さんの都合で「遊ぼう」と持ち出して使います。犬の立場からすると楽しい遊びですが、しつけ、教育、トレーニングを入れるためにコマンドを教える時間でもあります。

「引っ張りっこ」や「持って来い」など、飼い主さんから遊びを仕向け、飼い主さんがやめれば終わる。そうすることでメリハリを教えるとともに、楽しいことは飼い主さんから始まるというプラス面も刷り込めます。遊び始めるときに、犬の名前を呼んで「おいで」と言うと、それを聞くと楽しいことが始まるぞと犬に思わせることができ、名前を呼ばれることへの好感度も高くなります。

オモチャを咥えて走ってくる白いポメラニアン

 

こんなケースは、おもちゃの使い方を間違っている!

●手をかんでくる
パピークラスの飼い主さんから、「遊んでいるときに手をかんでくるので、叱っていいですか」と、よく聞かれます。でも、楽しい時間に、叱らなきゃいけない状況を作ること自体が間違っています。

例えば、引っ張りっこをしていてかんでくるなら、ロープが短かすぎるということ。叱るよりも、おもちゃのサイズや使い方を工夫して。楽しい時間なので、「ダメ」という状況を作らないように遊ぶことが大事なんです。

柴犬とオモチャをひっぱりっこ

●与えたおもちゃを瞬殺する
「ぬいぐるみ系のおもちゃが大好きで、よく与えますが、瞬殺です」という声もよく聞きます。本来、柔らかい布やラテックス製のおもちゃは、Bグループ。飼い主さんの監視下で遊ばせるもので、犬がずっと持ってひとり遊びするためのものではありません。

壊れたおもちゃの破片など、誤飲しないよう注意

「取っておいで」「ちょうだい」「いい子」…と飼い主さんのコマンドのもとで動かしながら遊ばせれば、破壊している時間はないはずです。破壊してしまうのは、飼い主さんが与えっぱなしにしているから。そうならないためには、犬がコマンドに従っておもちゃをくわえて持ってくるほうが楽しいことを、トレーニングで教え込んでいく必要があります。

遊びの時間も、最終的にはしつけ、教育、トレーニングの時間になるということ。でも犬の目線で見れば、飼い主さんとコミュニケーションできて楽しいんです。遊びには、そんな複合した要素が含まれているんです。

<関連記事>

犬がおもちゃで遊んでくれない、すぐに壊す…お悩みに行動学の専門獣医師がお答え!

上手に遊ばせると、愛犬はぐんぐん賢くなる。いい遊びと悪い遊びの違いはここ!

ボールを咥える柴犬

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

犬の健康とくらし
犬の病気事典

FOLLOW US

フォローして最新情報をチェック

facebook twitter rss