【ドッグトレーナー連載】犬のしつけ都市伝説 ~犬は本当に飼い主のことを下に見るの?~

  • シェア 558
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
151102_topdog_620x315

オオカミは社会性が強く群れを構成する個体の間で厳密な序列関係を持っています。そのため、オオカミから家畜化された犬が人と生活するようになっても、人との間に序列関係を築くと考えられたことから、犬をしつける際には、飼い主が犬よりも上位の存在になって、犬を従わせることが重要であると信じられてきました。

また、犬の問題行動が生じる原因に関しても、犬が人を下に見て支配しようとする、いわゆる支配性理論が原因であると考えられるようになり、その修正や予防としてのしつけを行う際にも、飼い主は力や体罰によって犬を制圧し、犬よりも上位に立つことが求められてきました。

 

力で支配しようとすれば、関係性が悪化するだけ

しかし、実は「人と犬の関係=上下関係」という考え方には科学的な根拠はなく、犬の研究が進んでいなかった当時の専門家が、オオカミとの類似性を当てはめた方が人と犬の関係を説明する際に都合が良かっただけなのです。

現在では、犬の特性や問題行動に関する研究が進展したことで、家畜化された犬は人に対して序列関係を求めず、問題行動が生じる原因として支配性理論は関係がないことや(Bradshaw et al, 2009)、力や体罰によって犬を制圧するしつけ方や行動修正法は、問題の改善どころか更に悪化し、犬の福祉が損なわれる(Yin, 2007; Herron et al., 2009)などといった様々な研究結果が報告され、従来の「人と犬の関係=上下関係」という考えた方が見直されるようになりました。

また、世界最大の家庭犬トレーナーの団体であるアメリカペットドッグトレーナーズ協会(APDT)では、支配性理論や力や体罰によって犬を制圧するトレーニング方法は用いるべきではないとした、「犬のトレーニングと支配性」に関する声明を発表しています(2009年)。

しかし実際には、新たな人と犬の関係についての情報が十分には伝わっておらず、「人と犬の関係=上下関係」という旧来の既成概念に囚われている飼い主もまだ多くいるため、犬が言うことを聞いてくれないのは自分が下に見られているからと嘆いたり、上位に立つために力や体罰によって犬を制圧しようとして、互いの関係性を悪化させてしまう飼い主も少なくありません。

151102_dogw_man_572x429px

 

人と犬の関わりは、上下関係というより親子関係

犬は家畜化によって、成犬になっても子犬の時の特徴が残ったまま成長します(幼形成熟)。成犬になっても子犬のような人懐こい行動は、飼い主の犬を世話したいという養育心を誘発させるため、人と犬の関わりというのは、上下関係というよりも親子関係と表現したほうが適切なのではないでしょうか?

「子育て」と「犬育て」は非常に共通する部分も多く、家族の一員として犬を迎え入れる飼い主の気持ちを察すれば、人と犬の関係は「親子関係」に近いと広く周知させていくべきだと思います。

151104_dog_hand_429x572px

<文献>
Herron M. E., Shofer F. S., Reisner I. R., (2009). Survey of the use and outcome of confrontational and non-confrontational training methods in client-owned dogs showing undesired behaviors. Appl Anim Behav Sci. 117, 47-54.
Yin. S., (2007). Dominance versus leadership in dog training. Compend Contin Educ Pract Vet. 29, 414-417
Bradshaw J. W. S., Blackwell E. J., Casey R. A.. Dominance in domestic dogs — useful construct or bad habit? Journal of Veterinary Behavior: Clinical Applications and Research, 4, 135-144.

ドッグトレーナー 鹿野 正顕(学術博士)

鹿野_photo_150pxスタディ・ドッグ・スクール 代表
株式会社 Animal Life Solutions (ALS)代表取締役社長麻布大学介在動物学研究室(旧 動物人間関係学研究室)にて、人と犬の関係、特に犬の問題行動やトレーニングの研究を行い、人と犬の関係学の分野で日本初の博士号を取得。
麻布大学卒業後、人と動物の関係に関する専門家の育成・普及を目指し、株式会社Animal Life Solutionsを設立し、飼い主教育を目的としたしつけ方教室「スタディ・ドッグ・スクール」の企画・運営を行いながら、トレーナーとしても指導にも携わっている。2009年には世界的なドッグトレーナーの資格であるCPDT-KAを取得。
日本ペットドッグトレーナーズ協会(JAPDT)事業企画委員
CPDT-KA(Certified Professional Dog Trainer – Knowledge Assessed)株式会社 Animal Life Solutions
スタディ・ドッグ・スクール
スタディ・ドッグ・スクール ペットドッグトレーナー育成コース

犬の行動学入門 [アニマルサイエンスシリーズ]

「ドッグトレーナー連載」をもっと読む

151102_topdog_620x315

この記事が気に入ったら
フォローしてね!