facebook twitter rss

検索

愛犬の暑さ対策も楽しみながら。クールグッズとアイディアで猛暑を乗り切る!


猛暑・酷暑が続いている今年の夏。暑さ対策はどうしていますか?我が家の場合、トイプードルのロッカは1.6キロしかないシニア犬、オーストラリアン・ラブラドゥードルのレペットは毛量が多くとても暑がり。そんな組み合わせなので、暑さ対策には特に気をつかっています。「それぞれに合ったグッズを上手に使いながら楽しくこの夏を乗り切りたい!」そんな気持ちで色々試してきた中から、現在使用しているグッズなどをご紹介します。

 

今や定番!一枚は持っていたいクールウェア

水に濡らしてから着せるタイプのお洋服は年々素材が進化していて、今ではクールダウンだけでなく防蚊効果やUV機能を備えているものも多くなりました。着ているうちに乾いてしまっても遮熱やUVカット効果が期待できるのはとてもいいですよね。実際に着ている子も沢山見かけるようになり、「定番」と言える暑さ対策グッズです。

身体の広い範囲をカバーでき、冷えすぎないのも安心です

お散歩中でもひんやり感を継続してあげたい場合は、ペットボトルに入れた水をシャワー状にして上からかけることもあります。歩いている人にちょっと驚かれますが背に腹は代えられません(笑)

脇と首のくりが広いものが着せやすく脱がせやすい

着ていることが犬のストレスにならないよう着せやすさや着心地も大切!例えばロッカの場合、頭が大きく首の骨が細いため脱がせる時に首を傷めないような配慮が必要なのでその基準もクリアしたウェアを選ぶようにしています。

様々な商品の中からこの手のウェアを選ぶ時私が重要視しているのは、以下のようなことです。
伸縮性があって着せやすい
UVカット加工がしてある
濡れていてもいなくてもサラッとしている生地
遮熱効果がある
洗いやすい、乾きやすい
軽い

【ALPHAICON アルファアイコン】 サマークーリングタンクトップ

かわいくて着脱も簡単なクールエプロン

機能性抜群のクールウェアより少し気軽なクールエプロンは胸元に保冷剤を入れることで冷やすという単純な構造で、エプロンのように背中でリボンを結んだり留めたりして着せるタイプのものです。
その形から「金太郎」という別名もあるようで、見た目も名前もかわいい暑さ対策グッズです。

通称「金太郎」を付けてハイタッチ!胸元に保冷剤が入っています。

お洋服ほどコストもかからず、サイズもある程度調整可能。色柄も豊富なので、選ぶ楽しみもあります。我が家のクールエプロンはまだ市販のものがなかった頃にオーダーして作ってもらったものなのですが、最近では作り方もネットで調べられるようなのでお裁縫が得意な方はチャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

一番気軽に使えるのがバンダナタイプ

家にあるものですぐ出来るのが「保冷剤を首に巻く」こと。クールウェア同様、水に濡らして巻くタイプのものも販売されていますが(人間用のもありますね)私は自分の好きなバンダナやハンカチで巻いています。

保冷剤を巻き込んで結ぶだけ

ちょっと暑そうにしているから、少しだけ外に出るから。そのような時にさっと巻いてあげられる気軽さでは右に出るものがないでしょう。涼しいお家の中にいる時でもプラスαのアイテムとしても使えます。

 

お家ではクールボードの上がお気に入り

お家の中で使うボードやマットも便利です。熱の吸収が良いアルミのボードは暑がりのレペットのお気に入りです。ただ、ロッカは硬い乗り心地に違和感を持ってしまうこと、そこまで冷えるのが好きではないことから乗ることがありません。

レペットの定位置です。夏はクレートの中にも同じものを入れています

車中では柔らかいマットを使用しています。マットだけだと温まりやすいので下には保冷剤を敷くようにしていますが、その場合は直接肌に当たったり冷えすぎたりしないよう気をつけています。

 

保冷剤は可愛い柄で気分アップ!

暑さ対策にグッズに必須なのが保冷剤です。身に着けるには小さなもの、マットの下に敷いたり保冷剤の予備を持ち歩くためには大きな保冷剤が必要になります。硬さも色々あるので私は各種取り揃えております。(お店みたい!)

タイプ別にどんどん増える保冷剤。まだまだあります。

ゼリー状のもの、氷のように固くなるもの、シャーベット状になるものなど、凍った時の状態も色々なので用途と好みに合わせて購入すると良いと思います。私は100円ショップでかわいいデザインのものを見かけるとついつい買ってしまうのですが、もちろん冷蔵・冷凍品を買った時に付いてくる保冷剤でも十分です。

小さな保冷剤は保冷時間も短く犬の高い体温と外気であっという間にぬるくなってしまうこともあるので、出かける時はクーラーバッグに予備をいくつか入れておくようにしています。

クーラーバッグコレクションの一部。ノベルティや雑誌の付録が大活躍しています。

何かと便利な保冷剤ですが、ここで一つ注意しておいていただきたいのはその中身です。水だけでできているものもありますが、そうでないものの方が多いので万が一食べたり飲んだりしていまわないよう、付けっぱなし置きっぱなしのまま目を離さないようにしています。

また、重さと直接的な冷たさがあるので、犬の身体の負担にならないようにバランスを考えて使うようにしています。(ロッカには不向き)

冷凍庫には保冷剤と凍らせたペットボトルの水がいっぱい

ペットボトルに入れた水を何本か凍らせておくこともしています。2L分あると車の中に置いていてもそれなりに持ちますし、500mlならお散歩で持ち歩くのもそれほど苦になりません。溶けた分を飲ませたり自分の身体をちょっと冷やしたりと、結構便利なのです。

 

日中の外出には足元の暑さ対策も必須

陽ざしが強い日は60度を超えるとも言われるアスファルトの上。日中どうしても外出が必要な時は、歩くのがほんの少しの距離でもカートに乗せて移動させることにしています。

カバーをする場合は熱がこもらないように注意が必要。下にはケースに入れた保冷剤を敷いて。

折り畳み式のカートは持ち運ぶのにも便利なので愛用しています。そして最近注目しているのが犬の靴。靴を履かせてカートに乗せればちょっと下に降りた時も更に安心ですよね。


リッチェル ペットバギー ラコット カルミィ ブラウン

ロッカサイズのもあるのです!軽くて履かせやすくて気に入っています。

犬の大きさや使用するシーンに合わせて種類も豊富。お散歩の時だけでなく砂浜などで遊ぶ時にも地面の熱さから犬の肉球を守ってくれる注目のグッズです。ファッションではなく身体のためを考えて作られているので履き心地も良さそうです。


Fuka Fuka Fit Dog Boots(ふかふかフィットドッグブーツ)


 

小さなプールでクールダウンはいかが?

グッズと言うには大きいのかもしれませんが、犬たちが楽しみながらクールダウンできるのがプールです。なかなか外遊びが出来ない時のストレス解消にも良いかもしれません。

レペットはおもちゃに夢中。ロッカはそれほど楽しそうじゃないのですぐ撤収。

足先だけでも浸かることが出来れば良いので、小さな子供用プールに少しだけ水を張って日陰で水遊びできるようにしています。ホームセンターなどで販売されている「トロ舟」と呼ばれる小さなプラスチック製の容器でも代用可能なのでチェックしてみてください。

暑さ対策グッズをいくつかご紹介してきましたが、何かピンとくるものはありましたか?ここでご紹介したものだけでなく、もっと色々なグッズや工夫の仕方があると思います。愛犬と自分たちに合ったものを見つけて、この夏を楽しく過ごしてくださいね。そして私たちも熱中症対策と日焼け止めを忘れずに!!

Roco

フォトグラファー&ライター

>詳細プロフィール&記事一覧

この記事が気に入ったら
フォローしてね!


FOLLOW US

フォローして最新情報をチェック

facebook twitter rss