【ドッグトレーナー連載】犬のしつけ都市伝説 ~犬と遊ぶときは必ず勝たないといけないのか?~ by鹿野正顕

  • シェア 285
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
犬との遊び アイキャッチ画像

「引っ張りっこ」などの犬との遊びの際には、飼い主がおもちゃを取り上げないで犬におもちゃを渡してしまうと、「自分のほうが強い。エライ」と勘違いし、犬が人よりも上に立ってしまうといわれてきました。

しかし、本来犬と楽しむために行う「遊び」のはずなのに、遊びの際でも犬に勝ち、上に立つことを意識しなければならないのでしょうか?

 

犬は遊びを通して狩りを模倣して楽しんでいる

もともと狩りをしていた犬は、おもちゃを獲物に見立てて狩りを模倣する遊びが大好きです。もちろん、本当に獲物を狩っているわけではなく、小さな男の子が、ヒーローになりきって、敵とみなしたものを倒して喜ぶのと同じような感覚で遊んでいます。

このような遊びの行動は、哺乳動物では特に子供の時によく見られますが、犬を初めとした家畜化された動物は幼い状態のまま成長する(ネオティニー:幼形成熟)ため、成犬になっても遊びの行動が頻繁にみられます。

犬との遊び ③

また社会性が高い犬は、単独よりも他の犬や飼い主と遊ぶことを好むため、飼い主とのボール遊びや引っ張りっこなどの遊びが大好きです。犬は遊びの中で飼い主に勝ち上位に立つことを望んでいるわけではなく、子供が親に遊びをせがんでいるのと同じように一緒に楽しみたいだけなのです。

 

犬との遊びで生じる問題はなぜ起きるのか?

特に子犬の頃は、飼い主が一緒に遊んでいると「おもちゃではなく飼い主の手を噛んでくる」ことが問題視されます。この問題は、子犬が飼い主を倒そうとして噛んでいるわけではなく、ただ単に飼い主の手をおもちゃとして認識してしまっているからです。このような問題を抱えがちの飼い主は、日頃からプロレスごっこのような手を使って遊んでいることが多く見受けられます。子犬はまだ噛んで良いものと悪いものを理解していないので、人の手で遊ぶようなことはせずに、ひも付きのボールなど、持つところと噛むところが区別できるおもちゃで遊ぶようにすると良いでしょう。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

また、自分の持っているおもちゃを守ろうとして、飼い主に対して攻撃的になる問題なども良く見受けられます。このような問題を示す犬は、飼い主を下位とみなしおもちゃを独占しているのではなく、おもちゃをとられてしまうかもしれないという不安から、おもちゃを守ろうとして攻撃性を示します。遊ぶという行為も本能的な欲求であるため、他者にそれらの欲求を満たすことを邪魔されれば必死に抵抗します。日頃から、飼い主が犬からおもちゃを無理やり取り上げたりするようなことをしてしまえば、犬自身が飼い主との遊びに不安を感じるようになってしまいます。

おもちゃを渡してほしければご褒美と交換したり、離してくれた際に褒めながらご褒美を与えれば、犬は安心して飼い主におもちゃを渡してくれるようになります。勝ち負けを意識して遊ぶのではなく、犬に安心感を与えながら互いが楽しめるような遊びを実践することが、互いの絆を深めるためには重要です。

 

★セミナー告知★
スタディ・ドッグ・スクール 継続セミナー「イヌを知る ~互いが幸せに暮らすために~」
第6章 「上下関係?親子関係?~人と犬の関係はどうあるべきか?~」
SDSセミナー風景

あなたの信じる“イヌとのつきあい方”に明確な根拠はありますか?

イヌはその祖先であるオオカミの習性を理由に様々な勘違いや迷信めいた考えにさらされてきました。しかしながら近年、オオカミの習性でさえ過去の学説とは異なることや、イヌの科学的な研究の進歩により過去の逸話的な話が否定されるケースも珍しくありません。

イヌの研究で博士号を取得した異色のトレーナーが、学説を元にイヌとのつきあい方について解説していきます。
・オオカミとイヌの比較
・シチュエーション別に見る人と犬の関係性
・犬との理想的なつきあい方

【講師】
三井翔平(学術博士)

【開催日時】
2016年2月26日(金) 17:00~20:30 (19:15~20:30:懇親会)

【開催場所】
AP品川「P+Qルーム」
東京都港区高輪3-25-23 京急第2ビル 9F

【参加費】(懇親会参加費含む)
一般 5,000円/SDSフレンズ会員 4,000円

★詳細&お申込みはこちらから

 

ドッグトレーナー 鹿野 正顕(学術博士)

鹿野_photo_150pxスタディ・ドッグ・スクール 代表
株式会社 Animal Life Solutions (ALS)代表取締役社長麻布大学介在動物学研究室(旧 動物人間関係学研究室)にて、人と犬の関係、特に犬の問題行動やトレーニングの研究を行い、人と犬の関係学の分野で日本初の博士号を取得。
麻布大学卒業後、人と動物の関係に関する専門家の育成・普及を目指し、株式会社Animal Life Solutionsを設立し、飼い主教育を目的としたしつけ方教室「スタディ・ドッグ・スクール」の企画・運営を行いながら、トレーナーとしても指導にも携わっている。2009年には世界的なドッグトレーナーの資格であるCPDT-KAを取得。
日本ペットドッグトレーナーズ協会(JAPDT)事業企画委員
CPDT-KA(Certified Professional Dog Trainer – Knowledge Assessed)
株式会社 Animal Life Solutions
スタディ・ドッグ・スクール
スタディ・ドッグ・スクール ペットドッグトレーナー育成コース

「ドッグトレーナー連載」をもっと読む

犬との遊び アイキャッチ画像

この記事が気に入ったら
フォローしてね!