猫飼い必見!猫不可物件を猫OKにできるかもしれない裏ワザ、教えます by木津イチロウ

裏技-アイキャッチ

2月後半から4月は、賃貸業における「ハイシーズン」と言われています。入学、転勤などに伴って引っ越す機会が増える、また心地良い春の気候は、引越作業をするにもピッタリなため心機一転、引越を決意する人が多いから、と言われています。不動産仲介業者もこの季節は「新生活応援キャペーン」など、アノ手コノ手でお客さんをつかむことに躍起になります。

業界全体がお祭りムードに包まれるこの季節、人知れずドヨーンとした空気を漂わせてしまうのが、「猫飼い」の人たち。猫と一緒に住める賃貸を探すのは、とても大変だからです。

私が2011年にGatos Apartmentを建てたそもそもの理由は、野良猫を2匹保護してペット可賃貸を探したけれど理想に近い賃貸が皆無だったから、です。あれから5年、2016年現在では大分、ペット可賃貸も一般化し、チラホラと「猫専用」を謳う物件が出てくるようになりました。

とは言え猫が飼える賃貸自体の数は入居希望者の数に較べて圧倒的に少なく、また入居したい人が積極的に「ここに住みたい!」と思える物件は皆無に等しい状況です。今回は、猫が飼える「理想的な」物件の探し方と、「理想的」なのだけど猫不可の物件を猫OKにする裏ワザをお教えします。

裏技-9

 

増えてきた猫可物件を扱う不動産ポータルサイト

「そうだ!引越をしよう!」と思ったとき、若い人ほどスマホオンリーで済ませる傾向が顕著です。スマホで大手不動産ポータルサイトかアプリを使って、物件を検索〜内見予約まで済ませてしまうパターンです。

大手サイトだと、例えば「猫2匹以上OKな物件」など、細かい検索ができないため、該当物件はあるのに膨大な物件情報数に埋もれたお宝物件を見逃してしまう可能性が大です。最近では、「猫可物件」に特化した猫用不動産サイトが登場しているので、該当する地域にお住まいの方は、こうしたサイトを検索するのが吉です。それでは猫可物件に特化したサイトをご紹介!

サノスケ不動産
東京、神奈川、埼玉、千葉、茨城の猫可物件を多数掲載。「梅ヶ丘森ビルプロジェクト(横浜市青葉区)」というお部屋を自分好みに猫カスタマイズできる面白いプロジェクトも行っています。この「梅ヶ丘森ビル」は私も訪問させてもらったことがありますが、猫がベランダに出られるように金網で覆ったり、猫と人が快適に暮らせそうな仕掛けが満載。多頭飼いにも理解のある方がオーナーさんなので、困っている方は相談してみてはどうでしょう。

裏技-1サノスケ不動産が手掛けるリフォーム物件「梅ヶ丘森ビル」の猫部屋

裏技-2猫が脱出しないように金網で覆われたバルコニー

 

NEKOBEYA
福岡県福岡市近郊の猫可物件だけを取り扱うサイト。

 

ねこべや.com
東京、神奈川、千葉エリアの猫可物件だけを取り扱っているサイト。このサイトの素晴らしいところは、ちゃんと「猫の頭数」が条件欄に記載されていること。都内で2匹以上の猫と暮らせる物件をお探しの方にオススメ。

 

しっぽ不動産
「猫付きマンション」「猫付きシェアハウス」の情報を取り扱うサイト。東京を中心に全国対応。

 

Petie
東京、埼玉、千葉の「ペット可」ではなく「ペット共生」に特化した物件を取り扱っているサイト。残念ながら主なターゲットは「犬」のようで猫に特化した検索は不可の模様。

 

複頭飼いできる物件がほとんどないという現実

飼育できる頭数が表記されている、しっぽ不動産の物件を見ているとあることに気付きます。それは「猫1匹まで可」の物件がほとんど、ということ。この「猫1匹まで可」という謎のルールは一体どうして制定されるのでしょうか。大家目線で解説します。

HOME’S不動産投資のホームページによると、日本全国の賃貸空室率は19%、この数字は年々増加傾向です。東京都内は人口が集中するため、他府県に較べると14.5%と低くなりますが、それでも都内にある賃貸マンション/アパートの実に14.5%が空室なのです。現在の賃貸事情は明らかに供給過多と言えます。

そんな状況の中でも、次々と新築マンション/アパートが林立するため、築古の物件や駅から遠いなど、魅力の乏しい物件は入居者を取られてしまい、なかなか入居者が決まらない状況に陥ります。賃貸オーナーや大家が賃貸経営において最も恐れているもの、それがこの空室状態が長引くことなのです。家賃が入ってこなければ、どんどん赤字になってしまいます。そこで大家さんは色々な策を講じます。

その一つが「ペット可にする」なのです。こうして、市場的には「難あり」な物件が手っ取り早く「ペット可」となります。こうした物件は往々にして、そのままであることが多く、特にペットに特化した追加設備を設置したりといったことはなされないことが多いのが実情です。

そして多くの大家さんが「ペット=犬」だと思っています。大家さんはこう考えることでしょう。「この部屋の大きさだと、せいぜい中型犬1匹が限度だな。2匹もいるとうるさくて苦情が来そうだ・・・ペットは中型犬1匹までにしよう。猫は・・・同じく1匹だな。猫は柱をガリガリするって言うし、2匹になったらリスクも倍だ。」と。

裏技-6

実際にこういう意見を、ニュアンスは違うものの多くの大家さんから伺いました。空室を避ける手っ取り早い手段としてペット可にした物件だとすると、猫の飼育経験がある大家さんならともかく、経験のない大家さんは猫に関する知識など皆無に等しいと言えます。

そしてもう一つの理由、「猫を多頭飼いしている人は、次から次に野良猫を保護してきて、しまいには猫屋敷にしてしまうのではないか?」とステレオタイプに思い込んでいる大家さん、実は多いと思います。こうして「猫1匹まで」という意味不明なルールが出来上がるのです。

 

「猫1匹まで」を「猫2匹以上可」にする裏ワザとは?

まずは「猫1匹まで」の攻略法から。難易度はこちらの方がイージー。何故ならば上述のような理由で「猫1匹」にしている可能性が高いからです。「猫1匹まで」の気に入った物件を見つけたら、不動産サイトや不動産仲介会社を通じて「猫2匹(あなたが飼っている猫の頭数)で入居できないか」打診してもらいましょう。

同時にさりげなく、猫1匹にしている理由も探ってもらいましょう。帰ってきた回答が曖昧だったらチャンス到来、あなたがいかにその物件が気に入ったか、これまでの猫の飼育年数/経験一緒に住む猫がどういう子かなど「いかに迷惑をかけないか」をアピールしましょう。

もし経験もなく新たに飼い始めるのであれば、こうしたペットサイトや本などで勉強をシッカリして、猫の習性は良く理解して、爪切りを定期的にするし爪とぎを用意するから壁をガリガリさせないなど「私はちゃんとした猫の飼い主です。ご迷惑はおかけしません!」ということをアピールしましょう。

裏技-4

 

そして「猫を2匹(またはそれ以上)で飼うメリット」を説明しましょう。猫同士の仲が良ければ、一緒に遊んだりして猫にとって精神安定剤になり、結果的にストレスが軽減します。ストレスが少なければスプレーといった問題行動も少なくなります。

もはや新築のマンションですら値段を下げても空室のままということが珍しくない昨今、身元のシッカリした人(連帯保証人がシッカリしている)であれば、ちょっとの無理は聞いてくれます。大家さんも人の子、自分の物件を気に入ってくれている人の要望はなるべく聞いてあげようと思うものです。

基本的に「猫不可物件」も同様です。犬はOKで猫不可にしている場合、やはりステレオタイプに「猫は部屋をボロボロにする。」と思っている知識不足の大家さんが多いのです。「私はちゃんと飼育しますよ。」ということをアピールしてみましょう。

裏技-5

 

難易度が最も高いのが「ペット不可物件」です。入居者が多い物件の場合は諦めた方が良いでしょう。賃貸契約の中に「ペット不可」の一文が入っているはずなので、もし「ペット可」に変更する場合は既存入居者の許諾を得る必要があるため、現実的ではないのがその理由です。

狙い目は、大家さんが同じ建物に住んでいて、部屋数が少ない物件。多少、時間と根気が必要ですが、気に入った物件があった場合はトライしてみる価値はあると思います。
つまり「猫1匹だから」「猫不可だから」と最初から諦めるのではなく、問い合わせてみましょう、という方法です。

 

不動産屋さんをフル活用しよう

「なんだよ、結局のところ精神論かよ!そんな時間ないよ!」・・・ごもっとも。不動産屋さんはそんなあなたのために存在します。まずは不動産屋さんに事情を説明してみましょう。大抵の不動産屋さんは、真摯に要望を聞いて賃貸オーナーや管理会社に打診してくれるはずです。もし打診することすら断られたら、そんな不動産屋さんは使わなければ良いだけの話です。それこそ星の数ほどあるのですから。

裏技-3

 

あなたの行動が次の猫可賃貸を産みます

説得が功を奏して入居できた際は、爪とぎは定期的に行う、避妊去勢手術はする、スプレーさせない、許可無く飼育頭数を増やさないなど「自分が言ったこと」を守るようにしましょう。「敷金を余計に払っているし、償却で戻ってこないし、賃貸だからどうでも良いや。」などとは露ほども思わないようにしましょうね。大家さんが「猫可にして良かった!猫2匹以上でも問題なかった!」と思えば、ポジティブな意見として同業者に伝わるものです。あなたの行動は「次の猫可物件」を増やす試金石となっていることをお忘れなく。

 

★Gatos Apt監修 猫専用賃貸オープンハウスのお知らせ★

横浜南区に、Gatos Apt監修の新築猫専用アパート「Seilan Apartment」がオープン。
2016年3月19日(土)に内覧会を開催します。詳細・お申し込みはGatos Apt ホームページまで。
【内覧会は終了いたしました】

 

<関連コンテンツ>
探せど見つからない、猫OKのペット賃貸物件
猫専用賃貸、建てちゃいました!<Gatos Apartment>

 

Gatos Apartment代表/猫専用賃貸コンサルタント
木津イチロウ

木津さんプロフィール写真161x161レコード会社でディレクターとして12年間従事したのち、KDDI(株)ヘ転職、LISMO立ち上げに関わる。無類の猫好きが高じ、保護した野良猫たちのために家を建てることを決意する。2011年、世界初の猫専用デザイナーズ・アパートメント Gatos Apartmentを東京・杉並区に竣工。Gatos Aptを通じて知り合ったネコ好きな人々の声を聞くうち、人と猫が快適に過ごす社会を作りたいと、猫専用物件に関するコンサル業務のほか、猫に関するWebサービス、商品を構築/開発中。
Gatos Apt公式サイト

 

木津イチロウ氏バックナンバーを読む