サザエさん家のタマは幸せか?猫にとって一番大事な住環境とは【猫の一休建築士】 by清水 満

  • シェア 159
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
EPSON MFP image

サザエさんは著作権に厳しいから、「ネコ清水」画伯渾身のスケッチで。

 

♪ とるとっとっとっと お魚くわえたドラねこ〜♪
音痴な歌で始まりましたこの連載、歌ったのは猫の一休建築士・清水です。
日曜夕方6時半から放送している国民的番組のサザエさんですが、子供の頃、この歌が流れると、楽しかった日曜日が終わってしまうと寂しさを感じた方も多いのではないでしょうか。

さて、今回のお題は、サザエさん家の住環境はタマにとって幸せか?ということ。

PL01-Tashirojima田代島(宮城県石巻市)で出会った猫。今までこんな絵に描いたような「お魚くわえた猫」なんて見たことがなかったけど、田代島の港に早朝行けば普通に見られる光景。

 

高所に登ったり、爪を研いだり、猫にはサイコーの昭和初期の住宅

サザエさん家の間取りって(おー、建築士って感じ)、TVを見てるだけじゃ、なかなか分かりづらいですよね。ちょっと図面を起こしてみました。
5DKと言っていいのか分かりませんが、昭和の初めの平屋造りです。夜にワカメやカツオがトイレに行くのは遠くてきっと怖いですね。

EPSON MFP imageサザエさんの家の間取り図。物語によってはコレと少し違う間取りになっていることも。所詮はアニメの仮想世界なので、なんでもアリ!

サザエさんは昭和の設定なので、猫のタマは自由に外とお家を行き来しています。今は完全室内飼い(私は猫を飼うという表現は好きではありませんが、仕事上使うこともあります)が多いですよね。外に出ると交通事故や病気などが心配です。

タマのご飯はネコマンマ(ごはんの上に鰹節や焼き魚の頭などをのせたもの)をあげているのでしょうか。それとも最近はキャットフード? 外に出ているので、近所の家でシロとかモモとか違う名前で呼ばれて、ご飯をもらっているかもしれません。それはそれで幸せでしょう。
タマは首に大きな鈴を付けていますが、あれはどうでしょうね? 動くたびに音がするし、獲物のネズミや鳥が気づいて逃げちゃうから、ストレスで胃潰瘍になる可能性がある、と書かれた猫の飼育書もあります。
では、家の中はどうかなと目を向けると、サザエさん家は昭和初期だから柱が表に出ている真壁造り(あ~プロっぽい)。だからタマが爪を磨ぐ柱やタタミがいっぱいある。障子や襖もたくさんあるし、家具だって柔らかい桐のタンス。猫にはサイコーでしょう。
アニメだからきれいに描いてあるけれど、ほんとはボロボロだったりするかもしれません。襖の鴨居はあるしタンスもあるから高い所にも登れるし、屋根にいることもある。
タマ、きっと楽しいだろうなぁ。

 

猫にとって一番大事なのは、人間の生活リズム

でも、何がタマにとって大事かといえば、サザエさん家の生活リズムなんです。ほとんど変化がありません。
サザエさんもタラちゃんもフネさんも大体お家にいるし、カツオもワカメも学校から帰ると遊びに出るけど、晩ご飯前には帰ってくる。夜遅く塾から帰ってきてチンして食事なんかしません。マスオさんも波平さんも、たまの週末には小料理屋で飲むことはあっても、普段、晩ご飯には皆そろっています。

つまり、人間の生活リズムと感情が安定していることが、猫にはとても大切だということ。お家の中で猫にとって一番自然に近い存在といえば、人間です。住環境というと設備や物ばかり考えてしまいがちですが、人間も猫の住環境の一部。しかも、それが一番猫に大切な環境要素なんです。

あとは猫に対する愛情。これは読者の皆さんには当たり前にありますよね。
生活リズムと感情の安定、それさえあれば特別な物はいりません(自分の仕事を否定しているみたいですけど)。もちろん猫への愛情とそしてお金のある人は、物理的な環境もぜひ整えましょうね(営業っ!営業っ!)。
では、物理的な環境整備のアドバイスについては、また追々。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆愛猫ギャラリー 【今日の一休と海】
今年の夏は猛暑でこんな光景はずっとなかったのですが、最近少し涼しくなったので「一休兄ちゃん」大好きな「海」がベットで寝ている「一休」に、ピタっとくっつきに来ました。猫で秋を感じました。

PL一休と海

 

次回は「猫の住環境学‐猫と住宅照明について」。

 

清水 満

キャットライフ・キュレーター 清水満

一級建築士・愛玩動物飼養管理士
一般社団法人ペットライフデザイン協会 代表理事
猫作家プロデューサーペットイベントプロデューサー・猫関係セミナー講師

北海道生まれ。北海道の大自然の中、たくさんの動物たち(家畜・ペット・野生動物)と触れ合う環境で育ちました。もちろん動物大好き、猫大大好きです。大学卒業後はインテリアデザイナーを目指して東京へ。建築設計事務所、インテリアデザイン事務所に勤務の後、30歳の時、建築インテリア設計事務所「スタジオ・ナビ」を設立し独立。主にレストランや自動車のショールームなどの商業施設設計やマンションの企画などをしていましたが、愛猫の一休、海との路上での運命の出会いから、ペットと幸せに暮らす住宅の事を考えはじめ「わんにゃん健康住宅研究所」を立ち上げました。現在「ペット専門建築士」として活動中です。また、設計活動の傍ら「北の猫たち展」(札幌開催)などの展示会開催や猫作家支援、イベントの企画及び参加、TV出演など幅広く猫の専門家として活躍しています。

▶HP:わんにゃん健康住宅研究所

▶ブログ:猫の一休建築士

 

「猫の一休建築士」バックナンバーを読む

EPSON MFP image

この記事が気に入ったら
フォローしてね!