2/7「ニキビに悩まない日」猫だってニキビに悩む!


2月7日は「ニキビに悩まない日」。

猫にもニキビがあります。顎の下に黒いゴマのようなブツブツがあるのを見たことがありませんか? あれは単なる汚れではなく、猫痤瘡と呼ばれる、人でいうニキビのようなもので、猫に比較的よくみられる皮膚病の一種。

顎の下は猫のセルフグルーミングが十分に届きにくく、皮膚からの分泌物や食事の汚れなどが毛穴に詰まって、ニキビを引き起こしやすいのです。また、ホルモンバランスの崩れなどが原因になることもあるようです。

炎症を起こしていなければ、こまめに汚れを拭き取ったり、薬用シャンプーなどで洗って清潔を心がけること。細菌感染している場合は、抗生物質の投与が必要になります。繰り返す場合には、去勢すると治まることもあるようです。

強くこすったり、猫が爪でひっかいたりすると、化膿したり脱毛するなど重症化しやすいので、たかがニキビと侮らないで。

<関連記事>

猫にもニキビ?猫ニキビの症状、治療法、予防について皮膚専門の獣医師が解説

PetLIVES編集部

愛犬・愛猫との健やかな暮らしを願うオーナーとその家族のために。PetLIVES(ペットライブス)は、愛犬・愛猫と心地よく暮らすためのヒントをお届けするペットライフWEBメディアです。 PetLIVES(ペットライブス)は、ペットの健康管理・病気ケアに特化したメディアPetwell(ペットウェル)の姉妹サイトとして、2013年に立上げました。長年にわたり培ったノウハウ、獣医師やトレーナーなどさまざまな専門家ネットワークを駆使し、飼い主さん、そして愛犬・愛猫たちのためにお役にたてるコンテンツを提供し…

tags この記事のタグ