facebook twitter rss

検索

ペットロスを乗り越えさせてくれた弟犬│愛犬エピソード

左:カービーくん(推定5歳♂)MIX
右:すみれちゃん(享年11歳♀)フレンチブルドッグ


~出会いについて聞かせてください

先住犬のすみれ(フレンチブルドッグ♀)とよく行っていた公園のお散歩仲間の方が、与論島の保護犬のお預かりボランティアをされていて、カービーはその方の所に来た犬でした。

公園で初めて会った時、お散歩がうれしくてピョンピョン飛び跳ねていて、明るく元気いっぱいだったカービーの様子に「あ、この子だ!」と感じて私が一目惚れ。翌日、夫と一緒に公園に会いに行き、すぐに里親になることを申し込みました。それから1カ月程しつけなどをしていただいてから、カービーは我が家にやってきました。ご縁だと思っています。


~先住犬との相性はどうでしたか?

すみれとはうまくいっていました。常にすみれが上で、カービーは弟犬のようにいつもすみれに従っていました。寝るときも、わたしのベッドで寝られるのはすみれだけ。すみれが亡くなってから、ようやくカービーがわたしのベッドで寝られるようになりました。

普段すみれはカービーとクールに接していましたが、公園でカービーが外のワンコに絡まれると、飛んできて相手に怒っていました。まぁ、小さいので効き目はあまりないのですが…
その反対もあり、そういうときに「あー、仲間意識があるんだなー」って思ったものです。

カービーくん(左)と先住犬のすみれちゃん(右)


~カービーくんの性格や、好きなことはなんですか?

カービーは18kgほどある中型犬ですが、とても穏やかで優しい性格です。と、いうか、ビビリ?なところがあります。犬とは仲良くできますが子どもは苦手。孫たち(6歳、4歳、2歳)が来るときは、いつも困ったような顔をして逃げまどっています。

好きなことは朝の散歩です。なぜなら、よそのワンちゃんのママたちから美味しいおやつをいっぱいいただけるから。そして、仲良しの友達と大好きなワンプロ(犬同士のプロレスのような遊び)がいっぱいできるから。



~カービーくんを迎えて、よかったと思うのはどんなときですか?

カービーとの毎日の散歩で一緒によく歩き、太陽に当たり、ワンちゃん仲間とおしゃべりをすることは、私たち夫婦の健康維持にとても役立っています。昨年の夏、先住犬のすみれが亡くなりペットロスでとても辛かったときも、カービーのお散歩のお陰でたくさんのワンちゃん仲間に慰めていただき、悲しみを乗り越えることが出来ました。飼い主同士の仲がいい関係も、犬たちが取り持ってくれたご縁だと感謝しています。


~今後、カービーくんと一緒に、どんなことをしたいですか?

ありふれていますが、カービーは大事な家族で、夫婦二人の生活に無くてはならない存在です。カービーと一緒に過ごす、日々の穏やかな生活が幸せです。いつかカービーの生まれ故郷、与論島に一緒に行ってみたいと思っています。


~カービーくんへのメッセージをお願いします

いつまでも元気でいてね。でも年を取って病気になっても一生懸命看病するから大丈夫、安心してね。いつも一緒に居るよ。


◆今回の飼い主さん◆

小嶋康英さん&由紀子さん(東京都・会社役員&主婦)

ゴルフと走ることが趣味で、中野区生まれ世田谷育ちの67歳の夫。乗馬が趣味の千代田区生まれ新宿育ちの妻。カービーに出会えたのも多くの方々のお力添えのお陰だと思っています。保健所等から引き取ってくださる方、お預かりのボランティアの方、譲渡までの橋渡しをしてくださる方、そういう方々に心から感謝したいと思います。

PetLIVES編集部

愛犬・愛猫との健やかな暮らしを願うオーナーとその家族のために。PetLIVES(ペットライブス)は、愛犬・愛猫と心地よく暮らすためのヒントをデイリーでお届けするペットライフWEBマガジンです。… もっと読む>

この記事が気に入ったら
フォローしてね!


FOLLOW US

フォローして最新情報をチェック

facebook twitter rss