猫もフィラリア症に?!完全室内飼育でも感染のリスクあり!猫専門医・服部幸先生が解説

犬の病気としてよく知られているフィラリア症。「うちは猫だから関係ない」と思っている飼い主さんも多いかもしれません。けれども、国内の猫の10頭に1頭がフィラリアの幼虫に感染していたという報告もあり、猫のフィラリア症予防を呼びかける声も聞かれるようになってきました。

猫も感染するフィラリア症とはどんな病気なのでしょうか?東京猫医療センター院長の服部幸先生に、病気の概要と予防法について教えていただきました。

<お話を伺った先生>
東京猫医療センター院長 服部 幸先生

2003年北里大学獣医学部卒業。動物病院勤務後、2005年より SyuSyu CAT Clinic 院長。2006年、アメリカのテキサス州にある猫専門病院「Alamo Feline Health Center」にて研修プログラム修了。2012年「東京猫医療センター」を開院し、2013年には国際猫医学会よりアジアで2件目となる「キャットフレンドリークリニック」のゴールドレベルに認定された。著書に『ネコにウケる飼い方』(ワニブックス PLUS新書)、『猫の寿命をあと2年のばすために』(トランスワールドジャパン)、監修に『ネコの看取りガイド』(エクスナレッジ)ほか。

犬だけではない。猫にも人にも感染する

飼い主
飼い主
猫もフィラリア症にかかるなんて知りませんでした!
服部先生
服部先生
犬に比べれば多くはないけれど、猫もフィラリア症にかかることはあります。

フィラリア症は、フィラリア(犬糸状虫)という寄生虫の感染によって引き起こされる病気で、「犬糸状虫症」とも呼ばれます。「犬」とついていることから、犬の寄生虫として広く知られ、犬の飼い主さんの間ではとても有名です。猫の飼い主さんにはあまりなじみがないかもしれませんが、犬糸状虫は「犬だけ」ではなく猫にも感染します。

フィラリアは犬や猫の心臓や肺動脈に寄生するため呼吸器や循環器に症状が現れます。発症例は少ないものの人での感染も報告されています。

猫のフィラリア症感染認知率1_bf
猫の飼い主にアンケート調査をしたところ、約3割は、猫もフィラリア症に感染することを「知らなかった」と回答。

 

蚊が運び屋となって感染を拡大させる

フィラリアは線虫の一種で、「犬糸状虫」の名前の通り、糸のように細長い形をしています。実際には乳白色のそうめんといった感じで、成虫になるとオスは約17cm、メスは約28cmにもなります。成虫のメスは犬や猫の血液中に「ミクロフィラリア」と呼ばれる幼虫を産みますが、ミクロフィラリアは蚊の体内でしか成長できないため、一度蚊を経由してから犬や猫に感染します。

<フィラリアの感染経路>
蚊がフィラリアに感染している犬の血液を吸った時に、蚊の体内にミクロフィラリアが取り込まれる。

蚊の体内でミクロフィラリアが成長し、感染力を持つ「感染幼虫」になる。

体内に感染幼虫を持った蚊が猫の血液を吸う時に、刺し傷から感染幼虫が猫の体内に侵入する。

感染幼虫は皮下組織や筋肉内で成長し、最終的に肺動脈や心臓に移動して成虫となり、ミクロフィラリアを産むようになる。

感染犬から取り込まれたミクロフィラリアは、蚊の体内を介し感染幼虫となり、猫を吸血する際に体内に侵入する。

犬と違って、猫では感染幼虫から成虫まで成長することはあまり多くはないものの、猫でも感染して症状が出る可能性は十分にあります。

 

蚊は神出鬼没。完全室内飼育でも安心できない

飼い主
飼い主
うちのコは室内飼育で外には出ないので、感染の心配はないですよね?
服部先生
服部先生
室内にいても蚊は外から飛んできてしまうので、「完全室内飼育だから大丈夫」とは言い切れません。

このようにフィラリア症の感染には、私たちの身近にいる蚊が大きく関わっています。完全室内飼育でも一軒家やマンションの低層階などでは室内に蚊が入り込みやすいですし、蚊が少ないとされるマンションの高層階でもエレベーターなどに入り込んでやってくることもあります。どこから飛んでくるかわからず、どこにでもいる蚊を完璧に排除して、感染経路を完全に断つことが難しいという点だけで考えれば、ウイルス性や細菌性の他の感染症より完全室内飼育での感染のリスクは高いと言えるかもしれません。

外に出ている猫や、野良の保護猫など外で生活していた経験のある猫、九州・沖縄など気温が高くて蚊が発生しやすい地域では、感染のリスクはさらに高まります。

室内への蚊の侵入を100%防ぐことは難しい。

 

猫ではフィラリア症で突然死することも

猫がフィラリアに感染しても寄生する数が少ないため無症状の場合もありますが、一方で激しい症状を示し、命にかかわることもあります。

代表的な症状は咳や息切れなどで、フィラリアが肺動脈に寄生すると免疫反応によって強い炎症が起こり、呼吸器症状が見られるようになります。この状態は「犬糸状虫随伴呼吸器疾患(HARD)」と呼ばれます。ほかに、嘔吐、食欲不振、体重減少などの症状が現れることもあります。猫は犬に比べて心臓も小さいので、成虫が心臓に寄生すると大きな負担がかかります。

また、成虫の寿命は猫の体内で2~3年と言われていますが(ちなみに犬では5~6年で猫より長い)、死んだ成虫が肺動脈に詰まると激しい呼吸困難に陥り、突然死することもあります。

 

検査では見つけにくく、治療も難しい

飼い主
飼い主
突然死なんて怖いですね…。検査で早期発見することはできないのですか?
服部先生
服部先生
犬のように簡単な検査で見つけることは難しいので、診断がつきにくく、治療法もかなり限られてしまうのが現状です。

症状はわかっていても、猫のフィラリア症は検査などで発見しにくく、診断が難しい病気です。犬では血液検査でフィラリアの抗原を簡単に検査できるキットがありますが、現在、猫用キットはありません。

検査には、血液検査によって血液中のミクロフィラリアの有無を顕微鏡で確認する、フィラリアの抗原や抗体を検出する、超音波検査によって心臓にいる成虫の寄生を発見するなどの方法があります。犬に比べて手間はかかりますが、猫でも検査は可能です。けれども、猫はフィラリアの寄生数が少ないため、これらの検査では検出できないことも多いのです。

そのため、疑わしい症状はあっても、猫ぜんそくなど他の病気と判断がつきにくかったり、見逃されたりしてしまうこともあります。もしかすると、猫の原因不明の突然死の何割かはフィラリア症によるものかもしれません。

フィラリア症の症状は、咳など呼吸器症状が代表的。仮に症状が出ていても、検査で発見しづらく診断が難しい。

さらに、フィラリア症と診断がついても、治療法はとても限られています。外科手術によって成虫を心臓から取り出す方法もありますが、一部の専門家にしかできない難しい手術です。猫のフィラリア症そのものの治療はとても難しいので、一般的には咳などの呼吸器症状を抑える治療をしながら、フィラリアの寿命を待つ対症療法が行われます。

 

感染すれば厄介。でも予防は簡単にできる

飼い主
飼い主
犬にはフィラリア症の予防薬があると聞いたことがありますが、猫用はないのですか?
服部先生
服部先生
猫用の予防薬もあります。スポットタイプで、正しく投与すれば比較的簡単に予防できます。

猫のフィラリア症は診断も治療も難しい厄介な病気ですが、近年は猫用のフィラリア症予防薬が発売されています。予防薬を正しく投与すれば、猫のフィラリア感染を予防することができます。

猫のフィラリア症予防薬投与実態1_bf
アンケート調査結果によると、7割以上がフィラリア症予防薬を投与していないという結果に。猫でのフィラリア症対策はまだ浸透しているとは言えない。

猫用のフィラリア症予防薬は皮膚に直接垂らすスポットタイプなので投与は簡単。1本でフィラリアだけでなく、ノミや、回虫などおなかの寄生虫も一緒に駆除できます。

猫の首の後ろの毛をかきわける
フィラリア症予防薬は、猫の首の後ろの毛をかき分けて皮膚を露出し、液剤を垂らして投与する。

予防薬は、蚊を寄せつけなくしたり感染を未然に防いだりするものではなく、蚊に刺されて猫の体に侵入した感染幼虫を駆除することでフィラリア症になるのを防ぎます。予防薬は、蚊が発生している期間は毎月1回、定期的に投与します。毎年5月~11月頃(蚊が見られなくなった1ヵ月後)までが一般的な投与期間ですが、地域によっても異なります。

完全室内飼育でも蚊に刺されることを100%防ぐことはできません。フィラリア症から愛猫を守るための唯一の方法は予防することです。フィラリア症の予防薬は獣医師による処方や指示が必要となるので、かかりつけの動物病院で相談してみてください。

動物病院に行くなら2~3月が狙い目!

「一般的な動物病院では、毎年4~5月は犬のフィラリア症予防の開始時期であり、狂犬病予防接種のシーズンでもあるので、たくさんの犬が来院して混雑します。
春の予防シーズンに突入する前の2~3月頃は動物病院が比較的空いている時期なので、動物病院や犬が苦手という猫ちゃんはこの時期を利用して健康診断などに連れて行くのがおすすめです。フィラリア症予防についてもこの時に相談しておけば、春からの予防に十分間に合います」(服部先生)

 

今すぐ問診票の質問に答えて、動物病院で相談しよう! [PR]

そうは言っても定期的に通院していない場合、なかなか動物病院に行きづらいかもしれません。
そんな飼い主さんは、フィラリア症予防についての問診票に答えて、その結果を持って動物病院で相談してみることをおすすめします。

問診票では、数問の簡単な質問に答えることで、愛猫におすすめのフィラリア症予防薬のタイプがわかります。ぜひチェックしてみてください。

今すぐ問診票をチェック!▼
https://www.bayer-filaria-check.com/
※外部サイトへリンクします

バイエル薬品フィラリア症問診票web画面トップページコチラから問診票ページへ

バイエル薬品_猫のフィラリア症問診票web画面いくつかの質問に答えると・・・

バイエル薬品_猫のフィラリア症問診票web画面結果ページ
愛猫におすすめのフィラリア症予防薬のタイプがわかります。この結果画面の画像を保存して動物病院で見せるとスムーズに!

今すぐ問診票をチェック!▼
https://www.bayer-filaria-check.com/
※外部サイトへリンクします

[PR]バイエル薬品株式会社

tags この記事のタグ