NY発 ペットライフ通信 〔Vol.2〕 坂本ファミリーの愛犬たち(前編)

  • シェア 95
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
PL275前3

【前編】【後編】

PL前1

みなさん、こんにちは。ニューヨークはそろそろ秋の気配がしてきました。
今回は、ニューヨーク市の中のクイーンズというエリアで、ポメラニアン4匹と暮らす坂本さんファミリーを訪問しました。さて、毎日どんなことに気をつけて、愛犬たちと暮らしているのでしょうか?

まずはお散歩から

「最近、公園で誘拐される犬が多いらしくて」と、眉をひそめる坂本志津江さん。販売目的で犬を連れ去る犯罪が増えているから気をつけて、と公園のホットドッグ売りのおじさんにも注意されたそうです。飼い主がちょっとリードから手を離した隙を狙い、パッと車を止めて小型犬を連れ去るという手口とか。

このエリアはとても安全な住宅街なので、実は誘拐よりも車が心配です。志津江さんは、犬が急に飛び出してタクシーにはねられてしまった現場を目撃したこともあるので、犬たちが車道に出ないように、ドッグラン以外の場所では、絶対にリードを離さないように気をつけています。

さらに、4匹となるといつ何が起こるかわからないので、散歩には必ず2人で行っているそうです。こうやって、かわいいワンコたちを守るために、いつも万全を期しています。

PL前2-vert

近所の完成な住宅街をお散歩中

4人と4匹のビッグファミリー

坂本さんちは、旅行代理店勤務の坂本誠さんと、ファッション関係の仕事に就く志津江さんご夫婦を筆頭に、家族同様のルームメイトでファッションデザイナーの鈴木真理子さん、誠さんの姪っ子で語学学校に通う生島綾華さんが暮らしています。つまり、人間4人と犬4匹が同じ屋根の下に住む大家族です。しかも、ミルク、プリン、アーモンド、ココアは全員女の子。

「ワンコの女子パワーが集結すると、人間が負けそうになるのよ」と、志津江さんは苦笑い。でも白一点の誠さんは、毎日かわいいガールズに囲まれてうれしそうです。

PL前4

左から、ルームメイトの鈴木真理子さん、坂本誠さん、志津江さん、誠さんの姪っ子の生島綾華さん

 

ペットショップと犬選び

人をもてなすのが大好きな坂本家は、ホームパーティーを開く機会が多いので、人間好きの犬を選ぶことも大事だったそうで、「元気にシッポを振って、人間に寄って来る犬を選ぶこと」にもポイントを置きました。そして「やっぱり、ポメラニアンが好き!」と、自分の好みをはっきりさせておくことも大切だそうです。

PL285前5-tile左上)お気に入りのおもちゃで遊ぶミルク(4歳半) ・ 右上)バックヤードで遊ぶプリン(2歳)
左下)一番人なつっこいアーモンド(手前・2歳) ・ 右下)気が強いくせに甘えん坊のココア(2歳)

PL前9

4匹はそれぞれ「自分のお部屋」で眠ります 

後編では、犬達の予防とケアについて >

 

 

木元 裕子

フリーライター&イラストレーター 木元裕子

ニューヨーク在住。日本ではTVCMのプランナーだったが、永住権が当たったので、ネコ連れでニューヨークへ。現在は2代目のネコ、サバ(10歳)とグリニッジビレッジで暮らしている。ニューヨークの日系フリーマガジンや日本の雑誌に執筆。イラストレーターでもある。

▶HP:Yuko Kimotoのホームページ

 

「NY発 ペットライフ通信」をもっと読む

PL275前3

この記事が気に入ったら
フォローしてね!