facebook twitter rss

検索

[獣医師コラム]犬の熱中症 リスクが大きいのは、短頭種・老犬・肥満犬!


真夏日を観測する日が増え、熱中症の症状を訴える人も出てきています。私たち以上に暑さがニガテな犬たち。今の時期から十分な注意が必要です。

 

愛犬のリスクをよく知っておくこと

飼い主さんの意識が高まったせいか、炎天下でのお散歩や猛暑のなかで遊ばせて熱中症になるケースは、ずいぶん減ってきました。その一方で、犬の世界も高齢化が進んだり、暑さに弱い短頭種が人気になり、老犬やペチャ鼻犬が熱中症で運び込まれるケースが増えてきたように思います。

また、都会の飼育環境では思わぬ落とし穴が。
機密性の高いマンション住まいが増え、室内でも熱中症になってしまったり、アスファルトの路面温度が下がらず、夜のお散歩も安全とはいえないことも事実です。熱中症に対するリスクは、犬によって違います。心臓や呼吸器の持病の有無、肥満度、年齢(シニア)などで変わってくるので、健康診断を受け、愛犬の状態をしっかりと把握しておくことが大切です。

 

急激に進行し、全身の臓器にダメージが及ぶことも

さっきまで楽しそうに遊んでいても、急にパタッと倒れてしまう。熱中症が恐いのは、症状が急激に進行することです。状況によっては、体の温度調節機能が壊れてしまい、中枢神経系を含めて、全身の様々な臓器に障害が生じ、回復が難しいこともあります。

熱中症になってしまったら、とにかく体を冷やすことが第一。その後、できるだけ早く近くの病院で処置を受けましょう。病院に行かずに症状が治まったと思っても、見えない部分で何が起こっているかわからないので、必ず獣医師に診てもらってください。

 

エアコンの温度設定に頼らず、実際の室内環境に注目!

愛犬にお留守番させる場合は、留守番時と同じ室内環境を作って、温度・湿度変化をチェックしておくといいですね。エアコンの温度設定に頼らず、愛犬のいる場所の温度がどうか、直射日光が当たる時間はないかなど、あらかじめ調べておくと安心です。

また、毛の多い犬は、通気性を良くする意味で、程よいサマーカットも効果的。ただし、被毛は皮膚を保護する役割もあるので、あまり短くしすぎないようにしましょう。

 

関連リンク

Petwell 犬の病気事典「犬の熱中症」

「獣医師コラム」をもっと読む

PetLIVES編集部

愛犬・愛猫との健やかな暮らしを願うオーナーとその家族のために。PetLIVES(ペットライブス)は、愛犬・愛猫と心地よく暮らすためのヒントをデイリーでお届けするペットライフWEBマガジンです。… もっと読む>

この記事が気に入ったら
フォローしてね!


FOLLOW US

フォローして最新情報をチェック

facebook twitter rss