みんな違って、みんな幸せ。ペットとの健やかな日々を
facebook twitter rss

検索

猫エイズの原因、症状、予防・治療法など|獣医師アドバイス<2019年最新版>


症状・病名・しぐさから調べられる猫の病気事典

猫エイズ(猫免疫不全ウイルス感染症)とは?

アニマルクリニックまりも 院長:箱崎加奈子先生

猫をもらったり、拾ったりしたときに、ウイルスに感染しているかどうかは今後の体調管理をする上で重要な情報です。野良猫や野良猫の子猫を家族として迎えた場合、ウイルスリスクがあることは理解しないといけません。

感染する可能性のあるウイルスは多数ありますが、発症すると致死的な怖いウイルス性疾患は猫エイズ、猫白血病、伝染性腹膜炎の3つです。
血液検査で感染の有無が確認できるので、猫を迎えた場合検査を行うことをお勧めしています。

猫エイズは抗体があるかを検出するため、偽陽性、偽陰性の可能性があり、生後半年過ぎてからの検査をすすめています。
里親募集の情報で生後半年以下の子猫の検査結果を提示していることが多々ありますが、子猫の場合は生後半年過ぎた頃にもう一度されると良いでしょう。ちょうどその頃に不妊・去勢手術にもなりますので、術前検査と一緒に検査を受けても良いかもしれません。

猫エイズは感染猫の唾液や血液を介して感染しますので、ほとんどの場合が感染猫とのけんかが原因です。感染猫との多頭飼いは奨励できませんが、けんかのない仲の良い関係であれば、一緒に生活していてもうつらないと言われています。可能な限り、接触を避けられるよう生活空間を分け、隔離する工夫が必要です。

病気の感染や感染の蔓延を防ぐため、また交通事故を避けるためにも、猫は室内飼育をしてあげましょう。

猫エイズ(猫免疫不全ウイルス[Feline Immunodeficiency Virus:FIV]感染症)
猫エイズ(猫免疫不全ウイルス感染症)は、猫免疫不全ウイルス(FIV)に感染することで、ヒトの免疫不全ウイルス(HIV)感染症に似た症状が引き起こされる病気です。通常は咬傷から感染するため、外に行く機会のある猫、とりわけ未去勢のオス猫に多い病気です。

【症状】
急性期、無症状キャリア期などを経て猫エイズに…

【原因】
感染猫とのケンカなどから感染…

【治療】
有効な治療法はなく、対症療法が中心となる…

【予防】
室内飼いに徹し、感染猫との接触の機会を減らす…
Petwellでさらに詳しく≫

(出典:姉妹サイトPetwell

<関連記事>

[獣医師コラム]子猫を保護したら。外で暮らしていた子猫はウイルスや寄生虫に感染している可能性が!

猫白血病ウイルス感染症の原因、症状、予防・治療法など|獣医師アドバイス<2019年最新版>

この記事が気に入ったら
フォローしてね!

猫の健康とくらし
猫の病気事典

FOLLOW US

フォローして最新情報をチェック

facebook twitter rss