facebook twitter rss

検索

7/11「世界人口デー」この20年、パートナーとしての地位を着実に高めてきた猫


7月11日は「世界人口デー」。

1987年のこの日、世界の人口が50億人を突破、人口問題への関心喚起のために、国連人口基金(UNFPA)が制定しました。人口はその後も増え続け、2017年には76億人に。20世紀に入った頃は約16億5000万人だったので、1世紀余りで4.6倍に増えたことになります。

一方、人口減少が大きな問題になっている日本の、犬猫飼育頭数は現在、どのように推移しているのでしょうか。一般社団法人ペットフード協会の調査によれば・・・

●2013年には1,026万5000万頭だった犬の飼育頭数は、年々減り続け、2017年には892万頭に。
●一方、2013年に937万2000頭だった猫の飼育頭数は、横ばいから微増傾向にあり、2017年には952万6000頭と、初めて犬の飼育頭数を抜きました。

近年、「猫ブーム」といわれ、猫の躍進ぶりが目を引きます。散歩が不要、集合住宅で飼いやすいなど、飼育のしやすさもありますが、何より猫自体の魅力に目覚めた人が増えてきたのではないでしょうか。古くから人と強い絆で結ばれてきた犬に追いつき追い越すまでに、パートナーとしての地位を高めてきたといえそうです。

 

あなたは犬派、それとも猫派?

回答せずに結果を見る

Loading ... Loading ...

 

あなたは猫派、それとも犬派?

回答せずに結果を見る

Loading ... Loading ...
PetLIVES編集部

愛犬・愛猫との健やかな暮らしを願うオーナーとその家族のために。PetLIVES(ペットライブス)は、愛犬・愛猫と心地よく暮らすためのヒントをデイリーでお届けするペットライフWEBマガジンです。… もっと読む>

この記事が気に入ったら
フォローしてね!


FOLLOW US

フォローして最新情報をチェック

facebook twitter rss