3/3「耳の日」犬猫はなぜ耳のトラブルが多い?

外でこちらを見てベロを出すシーズー犬
3月3日は「耳の日」。

この機会に、愛犬・愛猫の耳の健康について考えてみませんか? 実は、犬や猫は耳のトラブルがたいへん多い動物なんです。

『家庭どうぶつ白書2016』(アニコム)によれば、「外耳炎・外耳道炎」は、犬の保険金請求理由の第1位、猫の第4位を占めています。犬や猫に外耳炎が多いのは、人と違って外耳道が途中でL字型に折れ曲がっており、汚れがたまりやすく菌の増殖を招きやすいためです。外耳炎の原因はさまざまですが、とくに多いのがマラセチアという真菌(カビの一種)の増殖と、ミミダニ感染によるものです。

耳をかゆがる、耳がにおう、黒っぽい耳垢が出る・・・などの症状がみられたら、危険信号。外耳炎は再発をくり返しやすいので、動物病院できちんと治療を受けましょう。

[poll id=”176″]

[poll id=”177″]

PetLIVES編集部

愛犬・愛猫との健やかな暮らしを願うオーナーとその家族のために。PetLIVES(ペットライブス)は、愛犬・愛猫と心地よく暮らすためのヒントをお届けするペットライフWEBメディアです。 PetLIVES(ペットライブス)は、ペットの健康管理・病気ケアに特化したメディアPetwell(ペットウェル)の姉妹サイトとして、2013年に立上げました。長年にわたり培ったノウハウ、獣医師やトレーナーなどさまざまな専門家ネットワークを駆使し、飼い主さん、そして愛犬・愛猫たちのためにお役にたてるコンテンツを提供し…

tags この記事のタグ