災害で愛猫と離れ離れになったら?迷子チラシ、愛猫手帳を本気で作ってみた

  • シェア 744
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

愛猫の健康・飼育データをまとめてみた!

災害が起きて、避難生活をする際に、猫を愛護センターや知人などに預けることも想定されます。
つまり、その間は愛猫のお世話をほかの人に頼むことに。その際に、その人に愛猫の健康状態やお世話の仕方を伝えるためのメモやデータがあると安心です。

そこで作ってみたのがこのファイル。

ちゃぼデータパソコンで作ったデータをプリントしてファイリング。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA3匹のデータを1冊のファイルにまとめました。

 

3匹それぞれの特徴がわかる写真と、私たち飼い主と写っている写真を入れ、生年月日や持病、ふだん食べているフード、その他注意点(噛みグセ、正確等)などもろもろ入れたデータを作ってプリント。データなら、「フードが変わった」などのときもカンタンに書き換えられて便利です。

ファイルには一緒に、ワクチン証明書や感染症の検査結果、血液検査結果なども一緒に保存。ワクチン済みでないと避難所やペットホテルでの預かりを拒否されることもあるといいますから、あると安心です。

災害時だけでなく、ふだんの健康管理にも役立ちそうなファイルになりました♪ 血液検査などは費用も高いですから、検査結果の紙はなくさないようにしたいですよね。

 

迷子になったときのチラシも作ってみた

OLYMPUS DIGITAL CAMERA災害時に猫が行方不明になってしまった場合のために、あらかじめ迷い猫のチラシを作っておくとよいそう。ネットで入手できるフォーマットを使って作りました。

災害時はチラシを作ろうと思っても、チラシを作るための紙などの材料が手に入らないこともありますよね・・・・・・。カラーで目立つチラシは、人の目を引くので、見つかる可能性も高まる気が。

*余談ですが、これを作っていたら本当に猫が迷子になってしまったような気分になって、ちょっと泣きそうでした・・・・・・(涙)

 

キャリーに洗濯ネットとハーネスをIN

OLYMPUS DIGITAL CAMERA避難する際は、猫をキャリーバッグに入れるのはもちろんですが、脱走防止のために洗濯ネットに入れてからキャリーに入れるとベスト。慌てて洗濯ネットを探さなくてよいように、キャリーにあらかじめ入れておきます。また、避難所で生活することになった場合、猫はハーネスにつないでおくと◎。そのため、ハーネスもキャリーに入れておきます。ちょっとしたことですが、イザというとき慌てなくて済みます。

 

迷子札チェック!

3匹とも首輪&迷子札をつけています。中央の猫の迷子札は、ぶらさげるタイプ。
左の猫は、ぶらさげるタイプだと、迷子札を口にくわえて引っ張って、セーフティー首輪(力が入るとはずれる首輪)をはずしてしまうという技を持っているので、ぶらさげるタイプの迷子札はNG。
首輪に直接電話番号などを書いてもよいのですが、あいにく首輪の色が濃くて文字が読み取れないので、電話番号を書いた布を首輪に縫い附けました。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA首輪の裏側に文字が来るように布を縫い附けています。

 

右の猫の迷子札はカプセルタイプで、完全防水とのことなのですが、装着してからはや数年。この子は風呂場や水遊びが好きなのですが、本当に水は入っていないのか・・・? 初めて開けてチェックすることに。

ドキドキ…

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

無事でした!完全防水は本当だった!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

3匹とも迷子札は完備ということで、確認OK。

 

最後に・・・地元の役所に問い合わせてみた

東京都・新宿区は、ペットの同行避難に先進的に取り組んでいて、「動物救護マニュアル」なるものを作成し、パンフレットも作っているそう。ケージなどの備蓄品もあるそうです。くわしくはコチラ

「私の地域はどうなんだろう?」そう思い、地元の役所に問い合わせてみることに。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

インターネットで調べて、問い合わせてみたのは「生活衛生課」。動物に関する部署はここのようでした。

回答は、
●地域で作成している同行避難マニュアル、パンフレットなどは⇒ ない
●ペット用の備蓄品は⇒ ない
●ペットの同行避難訓練⇒ 以前やったことがあると聞いているが、毎年やっているわけではない
とのことでした。

う~ん、あまり先進的に取り組んでいるとはいえないよう。ちょっとガッカリしていると、「その地域なら、役所と獣医師会が防災協定を結んでいるし、同行避難訓練も定期的に実施しているはず」との情報が。
あれ!?と思い、獣医師会のほうに問い合わせてみると、まさにその通りという回答が。
獣医師会が提唱する避難マニュアルも、インターネットに存在していました。
つまり、役所の方は実態を把握していなかったのです・・・・・・(涙)。

問い合わせるべき部署が違っていたのかもしれませんが、役所の方全員がペットの同行避難について把握していない場合もあるので、念入りに調べなけらばならないのだなあ、と思った一件でした。

sensei
人と動物の防災を考えるNPO法人アナイス
代表 平井潤子さんからのアドバイス
ファイルや迷子ポスターを準備しておくのはとても良いと思います。もちろん迷子にならないように気をつけることが大事ですが、何が起こるかが分からないのが災害時。早く見つけてあげるためにも、大切な準備ですね。ファイルは毎年見直すことがポイントです。

 

<関連コンテンツ>
災害から愛猫を守る!非常袋を本気で備えてみた
実践!愛猫3匹を連れて避難訓練してみた

 

編集&ライター/日本動物科学研究所会員 富田園子ペットライブス,PetLIVES,猫,富田園子,日本動物科学研究所会員,うちの猫のキモチがわかる本,はじめての猫 飼い方・育て方,うちの猫の長生き大事典,猫と一緒に暮らす女の子のための飼い方ブック,幸せなハムスターの育て方,小鳥のキモチ

幼い頃から犬・猫・鳥など、つねにペットを飼っている家庭に育つ。編集の世界にて動物行動学に興味をもつ。猫雑誌『うちの猫のキモチがわかる本』の編集統括を8年務めたのち、独立。編集を担当した書籍・雑誌に『決定版 猫語大辞典』『はじめての猫 飼い方・育て方』『うちの猫の長生き大事典』『猫と一緒に暮らす女の子のための飼い方ブック』『幸せなハムスターの育て方』『小鳥のキモチ』『幸せな文鳥の育て方』『フレブル式生活のオキテ』など。3匹の猫と暮らす愛猫家。

猫とさいごの日まで幸せに暮らす本

決定版 猫語大辞典―猫の本当の気持ちがこの1冊でよくわかる! 

富田園子氏のバックナンバーを読む

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この記事が気に入ったら
フォローしてね!