2階の我が家をわざわざ選んで、出産してくれた「たま」に感謝!☆凪ちゃん&たまちゃん&マサムネちゃん│愛猫エピソード vol.9

  • シェア 14
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
620x315-PL9

 

★ペットライブス_PLスタイル_9_234_2

左:たまちゃん   ( ロシアンブルー/推測)  14歳/推定 ♀
中:マサムネちゃん ( 雑種)        13歳     ♀
右:凪(なぎ)ちゃん( Mシュナウザー)    5歳     ♀

 

-3頭との出会いについてお聞かせください。

大学在学中、一人暮らしの家に遊びに来ていたのが、たま。
綺麗な猫だったのでよその飼い猫と思っていましたが、ある日、なんと我が家で4頭を出産!
たまと、貰い手のなかった子猫2頭を引き取りました。
1頭は10歳で亡くしてしまったのですが、もう1頭がマサムネ。
模様由来の独眼竜正宗の仮名がそのまま残り、女の子ですが「マサムネ」です。

起業後、しつけ方教室のデモ犬として会社に迎えたのが凪(なぎ)。
当初はスタッフ数名で世話をしていたのですが、ひょんなきっかけで正式に我が家の犬となりました。

 

-3頭とtaizoさんとの距離感は?

当初から一人暮らしで猫3頭、途中からプラスで犬1頭。
おまけに私も含めて全員女の子。
だから私にとっては同居人、我が家は女子寮といった感じです。

私の性格的に、元々ペットにベッタリではないのと、それぞれなるべく平等に目をかけて…、となると、
1頭飼育のお家と比べると少しアッサリとした関係に感じるかもしれません。
でも我が家ではそれがお互いに程よい距離感となっています。

 

-凪ちゃんと猫2頭との関係は?

実は、凪は猫たちとあまり仲良しではないんです。
マサムネの事は時々追い回しては猫パンチを食らっています。
以前は凪を制止していたのですが、最近はそれも2人の関係性だと思って任せています(すぐに収まるので)。

一方、凪はたまが近くにいると少し緊張するようです。
たまの方がおっとりしているのに不思議ですね。
以前は「もっと仲良く」と思ってましたが、正直難しいでしょう(笑)。
今後もこのまま個性を尊重しながら、穏やかな毎日が送れたらいいなと思います。

 

-凪ちゃん、たまちゃん、マサムネちゃんへ最後にひとこと!

我が家に来てくれてありがとう、かな。
うちの場合はどの子も「飼おう!」と思って、どの子がいいか選んで…という順番ではなかったのですが、
その手順を踏んでいたら、一人暮らしという状況的にも飼えなかったと思います。
猫がいたから犬も難しいと思っていました。
来ちゃったものはしょうがない!という状況が私には良かったのかもしれないですね。
飼ってしまえば何とかなりました(笑)。
特に2階だった我が家をわざわざ選んで、出産までしてくれたたまには感謝しています。

 

★ペットライブス_PLスタイル_9_5 ★ペットライブス_PLスタイル_9_6

★ペットライブス_PLスタイル_9_7 ★ペットライブス_PLスタイル_9_8

 

 ◆今回の飼い主さん◆

taizoさん (大阪府)

盲導犬の訓練士に憧れて大学に進学。在学中より研究室の仲間と共に、近隣の方を対象とした犬のしつけ方教室を運営。卒業後はそのまま起業し、家庭犬トレーナーとなりました。数年後、結婚を機に泣く泣く退社し遠方へ引っ越し、現在はアルバイトで動物病院の看護師をしています。

 

「みんなのPLスタイル」をもっと読む

620x315-PL9

この記事が気に入ったら
フォローしてね!