その存在だけで、助けられ救われて、前向きに成長できる☆凛くん&愛ちゃん│愛犬エピソード vol.58

  • シェア 352
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
main

凛くん(りん:5歳♂ロングコートチワワ) 愛ちゃん(めぐ:5歳♀ロングコートチワワ)

 

-凛くん、愛ちゃんとの出会いについてお聞かせください。

知人の方からとある理由で半年ほど、チワワちゃんをお預かりする機会がありました。一緒に生活する中でワンちゃんのいる生活が楽しく、それがいつの間にか当たり前になっていました。

知人の方にお預かりしていたコをお返しした後、今まで主人におねだりをしたことのなかった私が「どうしてもワンちゃんを飼いたい!」と初めてお願いをして、プレゼントしてもらったのが小さな小さな凛くん。
その後、凛くんにそっくりだった愛ちゃんに出会い、迷いなくお迎えをしました。

 

-凛くん、愛ちゃんはどんなコですか?

凛くんはツンデレでちょっぴり不器用なコ、だけど、とにかく正義感あふれる男のコです。妹想い!お友だち想い!の頼もしいお兄ちゃんです。

02
愛ちゃんはオシャレや綺麗になることが大好きな女のコです。人が大好きで、気がつけば誰にでも抱っこされているようなコです。
ふたりはケンカをしたことが一度もなく、兄妹の仲の良さはみんなからお墨付き??

 

-凛くん、愛ちゃんへの想いを教えてください

家族になり、夫婦にとっての子どもになり、今は人生のかけがえのないパートナーです。このコたちに会わなかったら、いまの私は全く違う自分だったんじゃないかな…と思います。その反面、来るべくして私たち夫婦のところに来てくれたとも思います。
わがコたちがいてくれることで、とにかく前向きに過ごすことができ、支えられ、救われ、助けられ、成長させてもらっています。

04
今年に入り、わがコたちのpapaである主人を病気で亡くしました。繰り返す入退院、闘病生活、1年半ほど生活リズムがバラバラで、わがコたちとの関わる時間さえもほとんどなく、申し訳なくてふたりに泣いて謝る毎日。
でも、わがコたちは寝るとき決まって私に寄り添い「僕たちも一緒に頑張れるよ!大丈夫だから!」と言ってくれているようでした。毎日の長いお留守番も「これが僕たちのお仕事!」っと理解して頑張ってこなしてくれていました。
そばにいられる時間は少なくとも、本当に家族としての絆を深めた時間だっといまは思います。

主人とのお別れのとき、凛くんは「papaまたね!ありがとう!」と言うように主人のまわりを一周ピョンピョンとうさぎみたく飛び跳ね、愛ちゃんはpapaの枕元にそっと寄り添っていました。
このコたちはすべてを悟り、このコたちなりの見送り方をしたんだなぁ…と言葉にならない思いを感じました。

 

-凛くん、愛ちゃんへひとこと!

家族のカタチが変わり、生活環境が変わり、生活リズムが変わり、私はわがコたちにどれだけのことをしてあげられるのだろう?様々な不安がまだまだあります。
でも、わがコたちの素直で真っ直ぐな姿勢と、屈託のない笑顔を見ていると「一緒にいられるだけで幸せ!!」そう感じます。

このコたちの笑顔が一日でも長く、たくさん見られるよう努力し、小さな変化や成長、頑張りをしっかりと見守っていこうと思います。
凛くん、愛ちゃん!これからもよろしくね!

 70e7438664b2ca448e863fe0d8e854d2-572x429ペットライブス フォトコンテスト受賞作品

◆今回の飼い主さん◆

凛&愛mamaさん (大阪府)
2010年に念願だったチョコレートカラーのロングコートチワワ、凛と愛を迎え入れました。現在は仕事をしながら、愛犬と毎日を楽しく過ごしています。ふたりの成長をマイペースに見守っています。

 

みんなのPLスタイル」をもっと読む

main

この記事が気に入ったら
フォローしてね!