捨て犬で毛はボロボロ・・・今では見違えるほど健康で毛並み自慢に!☆ハリーくん&ニィニちゃん│愛犬・愛猫エピソード vol.19

  • シェア 181
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
620x315-PL19

PetLIVESPLスタイル19_2

ハリーくん (シェットランド・シープドッグ) 5歳 ♂
ニィニちゃん(猫・雑種) 1歳 ♀

 

-ハリーくんとの出会いについてお聞かせください。

先代のシェルティーを病気で亡くした後、シェルティレスキューというボイランティア団体の存在を知りました。次の子もシェルティと決めていましたが、団体の熱心な活動を知るうちに、ショップで仔犬を買うという気持ちになれず、この団体から家族として迎えることになりました。

ハリーは保護されたとき皮膚病で毛がボロボロ、異常に痩せていて、どうやら悪徳ブリーダーの繁殖犬だったらしく、正確な年齢も分かりません。

 

-ハリーくんはどんなコですか?

ハリーは嬉しいことがあると子犬のようにはしゃぎ、ロケットハイテンションボーイの異名を持ちます!

留守中に大事なものを壊したり盗み食いしたり、帰宅するとショッキングな光景を目にすることもあるけど、叱れば落ち込むし、ご機嫌取りの行動をとる。言葉が話せないだけで十分な知能を持つ、コミュケーションが可能な相棒みたいな家族ですね。

また、あとから保護をしてうちの子になった猫のニィニは、目が見えるようになる前からハリーと一緒だったので、兄妹のように慕い、大きくなっても仲良しです。

ハリーは末っ子の息子で、ニィニは娘、そしてどちらも私の友達、といった存在です。

 

-ハリーくんや妹のニィニちゃんへの想いを教えてください!

ハリーは健康になると、毛並みが揃い見違えるような美しい毛になって、多くの人に褒められます。いちいち捨て犬だったとは言わないけれど、それがとても誇らしい。ハリー、里親になるまで面接があったり、ハードルはあったけれど、うちの子になってくれてありがとう。生まれ変わった気持ちで、幸せ感じてくれているかな?

ニィニは、まだヘソの尾がついたままのネズミのような状態のところを、草むらで見つけ、保護しました。授乳も排便も初めての経験だったけど、毎日職場に連れて行き、人口授乳で育ててきました。ですので、今でも完全な親子関係にあってとても愛おしいです。ニィニ、健康に育ってよかったね。お外で遊んでても呼んだら家に帰ってきてくれる、いつまでも変わらぬ信頼関係をありがとう。

今までの経験から、殺処分ゼロの社会を目指せたら、と考えています。そのためには飼う側も売る側も、意識を変えないと、実現までの道は遠いのではないかと思っています。

 

PetLIVESPLスタイル19_3 PetLIVESPLスタイル19_4

PetLIVESPLスタイル19_5 PetLIVESPLスタイル19_6

 

◆今回の飼い主さん◆

ロビンさん(東京都/CGデザイナー)

子供の頃から生き物が好きで昆虫・爬虫類・両生類・インコ&ハト・淡水魚&海水魚等様々な生物と暮らしましたが、団地住まいのため、犬猫だけはNGでした。大人になり、やっと猫や犬も家族にすることができました。いろんな生き物と仲良く一緒に生活するのが理想です。現在、犬は二代目、猫は二代目+三代目です。

▶ブログ 『ロビンとハリーとラルとニイニの僕が僕であるために

 

「みんなのPLスタイル」をもっと読む

620x315-PL19

この記事が気に入ったら
フォローしてね!