小さな小さな黒猫との出会い。「大きくなれ」と願いを込めて☆くじらくん│愛猫エピソード vol.18

  • シェア 138
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
IMG_1307main

くじらくん (ミックス) 6歳 ♂

 

-くじらくんとの出会いについてお聞かせください。

猫を飼おうと思い、ペットシェルター(保護施設)に出向きました。
漠然と黒猫を飼いたいと思っていた私は、ケージの中に小さな小さな黒猫を見つけ、即決!
その日は、連れて帰るには、まだ小さすぎたため、後日、引き取りに行きました。
その頃には、「大きくなれ」という願いを込めて、「くじら」という名前が決まっていました。
でも、今となっては少し大きくなりすぎちゃいました。

★PLスタイル19_1

-くじらくんはどんなコですか?

おおらかで、誰にでも撫でられるコです。
そして大好物はたまにあげる猫缶!
キッチンで人間用のトマト缶等を開けたときにも、音に反応して大興奮してしまうウッカリさんでもあります。

私にとっては、生き方の「先生」ですね。小難しいかけひきもせず、あるがままに目の前のことにだけ夢中になっている様子に惹かれます。
また、鳴きたいときに鳴いて、寝たいときに寝て・・・思うがまま好きなように生きている様子に癒されます。

 

-くじらくんへの想いを教えてください!

ちょうど6歳にさしかかった頃、夢中で遊ぶ時間が短くなり、じっとしていることが多くなりました。
心配しましたが健康に問題はなく、老化の始まりでした。
なんとなく微笑ましいような、切ないような、複雑な気分でした。
動くぬいぐるみのように愛らしい身体の中でも時間は進んでいるんですね。
もっと沢山の時を共に過ごして行きたいです。

くじら、あなたの考えている事は大体分かるようになったつもりだけど、もしかしたらまだ知らない事もあるのかな。
物分かりの悪い飼い主かもしれないけれど、これからも根気強く教えてください!
楽しく暮らそうね。

 

★PLスタイル19_2 ★PLスタイル19_3

★PLスタイル19_4 ★PLスタイル19_5

 

◆今回の飼い主さん◆

りまさん(東京都)

物心ついた頃から猫が大好きでした。幼少時はペット不可マンション住まいで飼う事ができなかったため、いつも猫のぬいぐるみと一緒にお出かけしていました。ペット可物件に住む事を目標に自立し、念願の「猫と暮らす」という夢を叶えました。

 

「みんなのPLスタイル」をもっと読む

IMG_1307main

この記事が気に入ったら
フォローしてね!