赤ちゃんを背中に、犬たちとの散歩タイムはスペシャルな時間 ☆柔ちゃん&殿くん│愛犬エピソード vol.14

  • シェア 148
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
620x315-PL14

左:殿(との)くん  (ジャーマンシェパード) 8歳 ♂
右:柔(やわら)ちゃん(スタンダードプードル) 5歳 ♀

 

-柔ちゃんや殿くんとの出会いについてお聞かせください。

柔との出会いは・・・三重県のスタンダードプードルのブリーダーさんから譲り受けました。会いに行った時に自分からすり寄ってきて、そのかわいさにもうメロメロ。

殿との出会い・・・大学の研究室(麻布大学・動物応用科学科)で飼うことになり、知り合いの訓練所から譲り受け、当時学生だった私や主人と後輩たちで飼育をしていました。その後2才の頃に、卒業した主人と私で引き取りました。

 

-柔ちゃんや殿くんはどんな性格ですか?

柔は、私と一緒にいると自信満々になるけれど、一人だと寂しがり屋さん。自分を可愛がってくれる人には、最大限の喜びを表すお調子者です。柔はお仕事でもパートナー。小学校で子どもたちに犬との接し方を知ってもらう取り組みをしているので、犬の先生として活躍している、信頼のおける相棒です。

殿は、基本的には弱虫で大げさリアクション。オス気満々の犬には、威張ろうとするけれど、小型犬に吠えられると嫌がって避けます。柔と一緒にいると柔の真似をして、だんだん人にすり寄っていくようになりました。

 

-柔ちゃんや殿くんへの想いを教えてください!

赤ちゃんが生まれてから、なかなかかまってあげられなくて、ごめんね。赤ちゃんの世話をしている私を、文句を言わず見つめる柔や殿の視線が切なくて。遠慮しなくて、甘えていいんだよ。

特に柔は、赤ちゃんがいるときは遠慮して近寄らず、赤ちゃんが寝てたり主人がだっこしている時に思いきり甘えてきたりして、ずいぶんわきまえているんだなと感心したことがあります。

赤ちゃんと犬たちが危なっかしげにも交流している姿は、とても幸せを感じる時間です。赤ちゃんをおんぶして、犬たちを引き連れて散歩している時間は私にとってスペシャルな時間です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

IMG_4138-20130514

 

◆今回の飼い主さん◆

鹿野都さん(神奈川県)

大学や専門学校の非常勤講師をしつつ、小学校にて犬を連れての授業を展開しています。麻布大学にて9年間学び、博士号を取得。動物介在教育(AAE:Animal Assisted Education)を専門とし、AAEの活動に参加するための飼い主と犬の教育や、AAEについての研究を進めています。

【関連リンク】

犬と一緒に教育支援でENJOY LIFE 

あなたのためのペットライフ

鹿野さんご一家は、コチラでもご紹介しています!

 

「みんなのPLスタイル」をもっと読む

620x315-PL14

この記事が気に入ったら
フォローしてね!