今さら聞けない愛犬の「フィラリア予防」のモヤモヤを解決! 飼い主さんの大半が知らなかった事実って何?【後編】

  • シェア 1064
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
12345_Spot_Haustier

[PR]

前編では“フィラリア”がどんな寄生虫なのか解説していただきました。今回は感染についての解説です。フィラリア症予防の季節を前に知識に自信のない人はもちろん、よく知っているつもりの人も、正しい知識のおさらい後編です。

《お話を伺った先生》プロフィール修正2佐伯英治先生 (Hideharu Saeki)
獣医師・獣医学博士。昭和51年日本獣医畜産大学(現日本獣医生命科学大学)獣医学科卒業。同年国立予防衛生研究所(現感染症研究所)寄生虫部(研究生)昭和54年日本獣医畜産大学獣医学科助手、専任講師を経て、平成6年助教授。平成14年サエキベテリナリィ・サイエンスを設立し、臨床寄生虫学の調査研究、啓発活動をおこなう。東京農工大、日本獣医生命科学大などで獣医科学生や動物看護師の育成にも力を注いでいる。犬1頭、猫7頭とともに暮らす。

Q4. 投薬を忘れたら、後の対応はどうすればいいの?

投薬忘れをしてしまって感染リスクがある場合、その後の対応はどうなるのでしょうか。感染しているのに予防薬を与えると危険だからと、血液検査をするほどなのに、投薬を継続しても大丈夫?それとも病院で感染の有無を調べてもらうべき?悩める飼い主さんの疑問です。

A4. 感染の有無がわかるのは半年後。そのまま投薬を継続しましょう
「感染している状態で予防薬を与えると危険なのは、血液中にいるフィラリアの子虫(ミクロフィラリア)が一気に死滅して大量の死骸が生じ、それがアレルギー物質として働くため免疫反応で激しいショック症状(アナフィラキシーショック)を起こすからです。
Dirofilaria immitis犬の抹消血液中のミクロフィラリア

たとえばそのシーズン中に1回スキップしてしまった場合は、それほど心配することなく予防を続けてください。その間にどのくらいの感染リスクがあるかは 蚊の発生状況(何月に忘れたか)や地域などにより異なりますが、取り返しのつかないほど多数の感染があったと心配する必要はありません。
さらに たとえ感染したとしても、少なくとも6ヵ月後までは子虫を産むことはありません。アナフィラキシーショック症状はあくまでもミクロフィラリアが死んだときにあらわれる症状ですので、このまま予防を続けてもショックをおこす心配はないでしょう。それ以上の感染を重ねないためにも、投薬は継続してください。

では、不注意から予防薬の投与を忘れてしまった場合、フィラリアに感染してしまったかどうかを確認するにはどうしたらいいでしょうか。現在動物病院でおこなうフィラリアの検査は、血液中のミクロフィラリアを顕微鏡で検査する方法と、血液中に出るフィラリア成虫の排泄物を特別な検査キットで検出する方法が主体です。つまり、フィラリア感染を確認できるのは、感染して半年以上(正確には7ヵ月後)経過して、フィラリアが成虫になってからでないと確実にはわかりません。

投薬忘れに気づいて、すぐに調べてもらおうと病院に駆け込んでも、感染の有無はわかりません。翌年の検査で感染が発見された場合、寄生している虫体数が少なければ、成虫の寿命が尽きるのを待つというのも一つの考え方です」

(後編)カレンダー572×429

投薬日はカレンダー等で忘れずに管理を!

 

Q5. フィラリア予防薬の効果は、1ヵ月続かないって本当?

Q5グラフ修正「後編」572×348

飼い主さんの「知らない率」が50%を超えたのが、フィラリア予防薬の効果の持続期間。毎月1回投与なら、1ヵ月間は予防効果が続くと考えがちですが、これって誤解ですか?

A5. 駆除薬ですから、投与したときしか効きません
「前述したとおり、フィラリアの予防薬は 実際は駆除薬なので、投与したときに効くだけで、効果は1ヵ月も持続しません。感染したフィラリアの幼虫をためておき(これらの幼虫はすべて30日齢以下)、きっちり月1回 まとめて駆除しているのです。

飼い主さんが最も誤解しやすい点ですが、フィラリアの予防薬は、感染を予防するのではなく、感染した幼虫が成虫になる前にすべて駆除して、フィラリア症になる(犬の心臓に成虫が寄生している状態をいいます)のを予防する薬なんです」

Advocate

 

最近、予防効果が1ヵ月間持続する、新しいタイプのフィラリア予防薬が登場したようです。感染したフィラリアをためておかずに そのつど駆除してくれるので、体内がいつもクリーンに保て、投薬忘れのリスクも軽減。飼い主さんには安心かもしれませんね。

フィラリア予防に関して、なんとなくモヤモヤしていた疑問、解消されたでしょうか?フィラリア予防に関する正しい知識をもって、今年もしっかり愛犬を守ってあげてください。

<関連コンテンツ>
前編/室内飼育、しかもマンションの上層階なら、フィラリア対策は不要?・・・続きはこちら≫

<外部関連リンク>
予防効果が1ヵ月持続し、ノミ・お腹の虫も同時に駆除できる新タイプのフィラリア予防薬についてはこちら≫
※この先のページは要指示医薬品の情報になります。
スッキリ!ナットク!フィラリア症予防の誤解
※この先のページは要指示医薬品の情報になります。

12345_Spot_Haustier

この記事が気に入ったら
フォローしてね!