「製図用の箒(ほうき)」が、猫オモチャとして意外と優秀

  • シェア 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
猫ジャーナル_アイキャッチ620

意外と優秀シリーズとして、新しい猫オモチャ発掘に繋がればと思っております。

せっかく見つけてきたのに、つれない反応を示される猫オモチャも多い中、オモチャ以外の用途で購入したものに御執心召されるケースも多々あります。そんなアイテムとしてご紹介しますのが、こちらの製図用の箒。製図作業で発生する消しゴムのカスや鉛筆の粉を、息でフッーっとせずに払い落とすものです。

鴨の羽根製のこちらを文房具店で以前発見し、自宅の猫たちへうやうやしく献上奉ったところ、その姿を認めた途端に大興奮なされまして、以来、我が家の猫オモチャの定番として時折活躍してもらっています。まあ、天然の羽根ですから、猫まっしぐらになるのは道理というものであります。

猫ジャーナル2_572×429

我が家の猫も2匹とも、本能丸出し大興奮。ブレ写真しか撮れなくなるほどの人気であります。盲目の縞三毛さんは猫ベッドから身を乗り出し、ハナクロ三毛さんも独り占めモードに突入して抱きかかえて楽しんでおります。

猫ジャーナル3_572×429

元来の用途が卓上用の箒のため、しっかりとした持ち手があり、取り回しも簡単。我が家の場合ですと、壁や床に羽根をすりつけて摩擦音を立てると興奮度合がアップしました。また、箒の持ち手の先には穴が開いており、凧糸などを繋げて、床で曳き回すだけのオートメーション猫じゃらしとしても活用できます。全国各地の東急ハンズやロフト、または大きめの文具店・画材店などで見つかりますので、ありきたりの猫オモチャに飽きた猫へのお土産としてどうぞ。

(2017年03月30日「猫ジャーナル」より転載)

「猫ジャーナル」関連コンテンツ
段ボールの宮殿に遊ぶ猫、隣を覗けばやはり猫(外部リンク)
巷で流行りのハンドスピナー、猫オモチャとして期待が高まる(外部リンク)

 

by nekojournal_logo200x51
すべての猫と、猫を愛するすべての人のために、猫情報をお届けするブログ「猫ジャーナル」。ペットライブス編集部が、気になる記事をピックアップしてご紹介します。

 

「猫ジャーナル」バックナンバーを読む

猫ジャーナル_アイキャッチ620

この記事が気に入ったら
フォローしてね!