秋の夜長に犬映画(4)おうちで楽しむ犬DVD映画 by白石かえ

  • シェア 98
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
1511_dobehman_top_620x315

「ドーベルマンはオレと同じドイツの犬なんだぜ。強くて賢くてヤバいんだぜ」

今秋は犬映画が豊作。
泣き、笑い、切なくなる犬映画特集

最終回は、おうちで楽しむ犬DVD映画を3本ご紹介します。

『ドーベルマンギャング』(1972年・アメリカ)
70年代の、懐かしの痛快作。昔の映画だから、テンポがのんびりほのぼの。犬が楽しく頑張るシーンで流れるカントリー調の音楽もいい味をだしています。ついでにファッションやクルマも70’sでなかなかオシャレ。そして心躍るのは、やはりドーベルマンのトレーニング・シーンです。なにしろCGとは無縁の時代ですからね。ドーベルマンの訓練性能は文句なく素晴らしい。犬オタクやトレーニング・マニアならニヤニヤしちゃいます。ちなみに6頭のドーベルマンには、デリンジャー、ボニー、クライドなど、史上名高いギャングの名前がついています。ドーベルマンを連れてきたときにオマケでついてきたファニーなブルドッグも登場します。名前はフーバー(FBI長官の名前。洒落が利いてる!)。彼が実は重要なキーパーソン(キードッグ!?)。最後のどんでん返しが最高です。

『星守る犬』(2011年・日本)
同名の漫画が原作。この漫画がもうとにかくめちゃめちゃ泣けるのです。映画では原作にはない新キャラも登場しますが、とにかく本作は単なる愛護の物語ではありません。可哀想というより(それもすごく泣けるけど)、西田敏行さん演ずるお父さんとハッピー(犬の名前です)の絆に泣き、またお父さんの境遇も現代社会の縮図を見るようで切ないのです。お父さんが社会からドロップアウトして、無一文になっても、犬はいつもとなりに寄り添う。いつでも飼い主が大好き。飼い主を裏切らない。やっぱり、犬ってかけがえのない愛しい存在。愛犬をソファーのとなりに座らせて、頭を撫でながら、一緒に見てください。

『フランケンウィニー』(2012年・アメリカ)
奇才ティム・バートン監督がつくった、切なくて、ファンタジーで、ホラーなディズニー映画。もともと1984年につくられた実写版の短編があるのですが、本作はそれをモノクロのストップモーションアニメでリメイクした長編作品です。実写版のウィニー役の本物のブルテリアは最高に可愛く、いい演技をするのでそちらも捨てがたいのですが、ストップモーションアニメの味わい深さとダークな雰囲気は特筆すべきものがあります。さすがティム・バートン!という感じ。また短編のときは早足でわかりにくかった少年やウィニーの心の機微や葛藤などが、長編の方が丁寧に描かれているせいか、よけいに泣けます。

 

白石花絵(しらいし・かえ)

Writer
フリーライター 
白石かえ(しらいし・かえ)

雑文家。東京生まれ。10歳のとき広島に家族で引っ越し、そのときから犬猫との暮らしがスタート。小学生のときの愛読書は『世界の犬図鑑』や『白い戦士ヤマト』。広告のコピーライターとして経験を積んだ後、動物好きが高じてWWF Japan(財)世界自然保護基金の広報室に勤務、日本全国の環境問題の現場を取材する。
その後フリーライターに。犬専門誌や一般誌、新聞、webなどで犬の記事、コラムなどを執筆。犬を「イヌ」として正しく理解する人が増え、日本でもそのための環境や法整備がなされ、犬と人がハッピーに共生できる社会になることを願っている。現在、ジャーマン・ショートヘアード・ポインターのクーパー(オス)、ボクサーのメル(メス)、黒猫のまめちゃん(オス)、熱帯魚(コリドラスなど)、そしてニンゲン2と暮らしている。趣味は、クーパーと野山へ行くこと。東京都渋谷区在住。

▶執筆サイト: dogplus.me 犬種図鑑
▶ブログ: バドバドサーカス

▶主な著書
『東京犬散歩ガイド』
『東京犬散歩ガイド武蔵野編』
『ジャパンケネルクラブ最新犬種図鑑』(構成・文)

『うちの犬—あるいは、あなたが犬との新生活で幸せになるか不幸になるかが分かる本』

 

白石かえさんのバックナンバーを読む

1511_dobehman_top_620x315

この記事が気に入ったら
フォローしてね!