家族なんだから、もっと“イヌ”を知って、もっとつながろうよ! by花岡佳イ子

  • シェア 276
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
IMGP3091

我が家の3頭の個性や性格から見えてくるものは?

我が家の3頭は、それぞれに個性や性格の違いがあり、対ネコ、対人とのつきあい方もそれぞれでおもしろいです。

慎之助まず慎之助(11歳)が一番のボス的存在。彼が低い声で一喝すれば誰も近づきませんが、人にもイヌにもフレンドリーで場を乱しません。実は生まれてからずっと母親とともに暮らしたためか、性格が安定しており、世間に出しても恥ずかしくないコに。生後2ヵ月からのパピートレーニングも大成功!

遊太遊太(10歳)は何にでも首を突っ込むヤンチャ坊主の半面、早期母子分離の影響があるのか、不安感が強い一面も。でもパピートレーニングはしっかり身につき、動きにはキレがあるので遊びもドッグショーも楽しめるコ。

ルーサルーサ(6歳)はほぼ1歳でオーストラリアのケネルから来日。日本に来てすぐにショー・ハンドラーに預けてショーの世界に。そのため、他のイヌとの協調性はあまりなし。ややシャイで人に慣れるのにも時間がかかります。でも、ショーで楽しく歩く練習はハンドラーさんがたっぷりしてくれているので、ときどき飛びつきながらの脚側歩行は上手です^^;

 

ウチの子たちからも見えてくるのは、パピートレーニングの大切さ。どの子も基本的なパピートレーニングは入っています。それと、性格のベースを作るパピー期までに親兄弟とどれぐらい一緒に過ごしたか、ですね。

 

イヌとアクティビティをすると…

イヌと暮らす楽しさは、一緒に遊べて行動できるということ。お散歩やアウトドアでの遊び、ドッグスポーツ、ドッグショーなどのアクティビティはイヌとの“つながり”が強くなり、健康にもよい効果が。
ちなみにイヌとのトレーニングで体を動かすことによって、代謝があがり自律神経*(交感神経と副交感神経)のバランスがよくなることが証明されています。

特にドッグスポーツを楽しむ場合は、パピー期からのパピートレーニングと基本のしつけができていることが必須。トレーニングをするとコミュニケーションがとれて、イヌとの一体感を味わうことができるんです。

*自律神経…自分の意思ではコントロールできない。交感神経と副交感神経から成り立っており、内臓系を支配する神経

11807513_944682145594609_2628359368159124395_o

イヌも飼い主との関係がスムーズで楽しければストレスも少なく、健康的でいることができますよ。私の場合、特に遊太とはお散歩の途中で走ったり、公園に寄って基本的なしつけのトレーニングを10分ぐらいやったりすると、彼も満足するようです。
ルーサは脚側歩行が上手なので“付いて歩く”ことが楽しくなるように、声をかけてテンションあげたり、お散歩に走りを入れたりとメリハリつけています。コミュニケーションがとれるとイヌも飼い主も楽しいですよね。

IMGP2245

 

“つながる”ことに大切なこととは?

“つながる”ことはコミュニケーションがスムーズということ。そのためにはイヌが体全体で“感情”を表現するカーミングシグナル、ボディランゲージなどのサインを読める必要があります。その時々の気持ちや感情の変化を感じてあげられるようになると素敵です!

やりたくない時に勉強しても身が入らないように、家庭犬のしつけもスポーツもショーも、すべてのトレーニングは“楽しい”ことが一番のモチベーション。そのために大切なのは、人もイヌもリラックスし、自発的にトレーニングできること。
プロではないのでなかなかいつもうまくはいきませんが、常にイヌという動物を意識していたいし、知る努力をしていきたいなと思っています。

1421198_918127694916721_7343493089214816911_o

 

★イベント告知★
《Holistic Dog Training ホリスティック ドッグ トレーニング》

アメリカ在住の日本人ドッグトレーナー・鈴木博美さんによる、関西弁バリバリのコミュニケーション(笑)で楽しいトレーニングになること間違いなし!
トレーニングもケアも全体で捉えて、イヌが自発的によくなっていくようにしていきましょう。アメリカの最新トレーニング情報も聞けちゃいます。
体全体をケアすることで、トレーニング性能もアップしますよ! そう、基本はリラックス~^^

【開催日】
2015年10月25日(日)~10月26日(月)

【場 所】
朝霧高原 Field Dogs Garden
(静岡県富士宮市猪之頭字人穴道1816-9)

【参加費】
トレーナーセミナー(6,000円~)
クリッカー・トレーニング(2,000円~)

※ホリステッィク・ケアのヒーリング系はそれぞれのワークにより設定あり。当日参加もOK!

【お問合せ】
株式会社GRANITA (Hiromi S.DT事務局)
TEL:044-276-6577

★詳細&ご予約はこちらまで

 

花岡 佳イ子 (遊ママ)

ドッグライフ・キュレーター 花岡佳イ子 (遊ママ)

フリーライター&エディター
サウンドヒーリング・セラピスト

長年の編集者生活のうち半分以上をペット関連、特にイヌの月刊誌や書籍の編集に関わる。日本で最初のトリマー向け雑誌「Groomer」編集長、月刊「wan」編集部、その後、仲間たちと株式会社A.D.SUMMER’S(出版・編プロ)を立ち上げ、誠文堂新光社「DOGFAN」の創刊から休刊まで副編集長を務め、DOGFAN別冊の犬種別FANシリーズ、「愛犬の友」の編集にも深く携わる。
現代社会において、イヌと人の関係はどうあるべきか? 自分のイヌたちも含めて、イヌとの接し方、考え方を変えていかなければとの思いから、自分の意識をチェンジ&チャレンジ!してみることに。その一歩として、人にもイヌたちにも有効な“サウンドヒーリング”を勉強し、セラピストの資格を取得。
現在は3頭の愛犬たち(キャバリア)との生活を重視しながら、イヌとの関係性をよくするためにも“人への癒し”に重きを置いた活動を展開中。

 

花岡佳イ子氏の記事バックナンバーを読む

IMGP3091

この記事が気に入ったら
フォローしてね!