犬猫写真家 新美敬子先生に学ぶ 素敵な犬猫写真の撮り方【犬編】by 中村仁美

  • シェア 178
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
犬、写真、フォト、新美敬子、犬猫写真、撮り方、中村仁美

【犬編】【猫編】

 

フォトコンテストVol.1の特別審査員である新美敬子先生が
ペットライブス読者のために特別レッスン!

 

こんにちは。ライターの中村仁美です。
2014年は、写真の腕をワンランクアップさせて、愛犬愛猫の写真をたくさん残したいですね。

大好きな犬や猫の写真を、もっとかわいく素敵に撮るコツが知りたくて、犬猫写真家の新美敬子先生に犬猫写真の撮り方の基本をレクチャーしていただきました。
今回は、屋外での犬の撮り方です。

 

【 新美敬子先生 プロフィール 】

PL新美敬子先生 新美 敬子 先生
犬猫写真家。世界各地を訪ね、猫や犬と人々との暮らしをフォトエッセイとして発表。
写真展の開催、雑誌・新聞への連載 多数。著書・写真集は50を超える。愛猫6匹と暮らす。
◆公式ブログ 「犬と猫がよろこぶ写真の撮り方」
◆2014年カレンダー好評発売中
ドッグズアルバム「柴犬」猫 World Cat
◆著書(電子書籍)はコチラ


屋外で愛犬を撮るときの準備と心構え
bar572

◆無理な時は撮らない。
犬が写真を撮られることを喜んでくれることが第一なので、無理は禁物。犬が嫌がるときは中止しましょう。また、夏の暑い時間は絶対に避けましょう。

◆リードを離さない。
公園など公共の場所での撮影は、周囲の迷惑にならないように気を付け、リードを離さないようにしましょう。

 ◆時間に余裕をもって撮影する。
簡単に撮れないからといって、焦りは禁物。犬と遊んで気分転換をしたり、のんびりとシャッターチャンスを待ちましょう。

bar572

 

犬と飼い主のポートレートを撮ってみよう

犬、写真、フォト、新美敬子、犬猫写真、撮り方、中村仁美

ペットライブス編集部のsaoluceさんと愛犬ルーチェちゃんをモデルにレッスン開始!

 

お友達と愛犬のポートレートがもっと上手に撮れたら嬉しいですよね。人も犬も魅力的に撮るには、どうしたらいいのでしょうか? 新美先生、教えてください!

「まず、飼い主さんと犬の顔を近付けるように抱っこしてもらい、半逆光(陰が自分に対して斜め45度に来る角度)の位置に立ってもらいます。順光で撮ると、眩しくて飼い主さんも犬も目を細めてしまいがちです。

リードはなるべく見えないように。人は直線のものに目がいってしまうため、犬の目の輝きや毛並みのふさふさ感よりも、リードに目がいってしまいます。背景やリードなど、できるだけ直線のモノが見えないようにしてくださいね。

背景がうるさく感じる場合は、絞り優先オートのモードにして、絞りをあけて(数値を小さくする)背景が雰囲気よくボケるように設定し、できるだけ望遠で撮ります。

カメラは縦位置で、犬の目線の高さで構えてください。

レンズには、ピントが合ったところより手前がよりボケるという特性があります。そこで、ピントは一番手前のものに合わせます。犬と人のポートレートの場合は、犬の目にピントを合わせましょう。」

ピントを合わせる場所を自分で決めるために、カメラまかせとなるオートフォーカスモードではなく、1点オートフォーカスモードに設定するのを忘れずに。

コツを伺ったところで、さっそく挑戦してみます。
ルーチェちゃん、はいチーズ!

犬、写真、フォト、新美敬子、犬猫写真、撮り方、中村仁美 NG!飼い主さんの頭の上から街灯が飛び出していて、思わずそこに目がいってしまいます。
(撮影:中村仁美※以下同じ)

犬、写真、フォト、新美敬子、犬猫写真、撮り方、中村仁美 NG!背景の柵(横のライン)や手元のリードが主張しすぎていて気になります。

犬、写真、フォト、新美敬子、犬猫写真、撮り方、中村仁美 NG!目では緑に見えた樹木も、写真では髪の毛と同じ色に見え、頭の輪郭がわかりづらくなっています。

犬、写真、フォト、新美敬子、犬猫写真、撮り方、中村仁美 NG!犬の頭と空と一体化し、輪郭がわかりづらくなっています。首から繋がるリードも目立ちすぎます。


犬、写真、フォト、新美敬子、犬猫写真、撮り方、中村仁美

OK! 犬の背景を樹木にしたことで、輪郭がはっきりしました。犬の目と飼い主さんの目の位置がカメラから等距離になるように、犬を少し引き気味に抱き直してもらったので、飼い主さんの表情もよりはっきりしています。

 


犬のポートレートを撮ってみよう

犬だけのポートレートを撮る場合も、リードが入り込むことで犬の魅力が伝わりにくくなってしまいます。そこで、自宅の庭やドッグランに犬を放して撮るのが望ましいのですが、それができない場合は、どうしたらいいのでしょうか?

「リードが見えないように撮る方法があるんですよ。長めのリードを用意して、ポールなどを利用して地面より少し高めの位置に犬をつなぐだけです。」

リードを結ぶ場所さえ決めれば、人と犬のポートレートと撮り方は同じです。紐が見えないようにするだけでなく、リードを結んだ棒が犬の頭から飛びでないように気をつけて撮影するのがポイントです。

犬、写真、フォト、新美敬子、犬猫写真、撮り方、中村仁美 犬の後ろにリードが来ることを想定して、地面より高めの位置に結びます。

犬、写真、フォト、新美敬子、犬猫写真、撮り方、中村仁美 半逆光の位置に犬を座らせ、犬の目線の高さにカメラを構えて、はいチーズ!

 

犬、写真、フォト、新美敬子、犬猫写真、撮り方、中村仁美

OK! まるで魔法みたい!リードが見えない
素敵なポートレートが撮れました。

 


屋外での犬のポートレートの撮り方まとめ
bar572

・半逆光の位置に立ってもらう。

・背景やリードなど直線物が見えないようにする。

・背景と犬や飼い主さんの輪郭が同化しないようにする。

・絞り優先オートの設定で、できるだけ望遠で撮影する。

・カメラは犬の目線の高さに構える。

・犬の目にピントを合わせる。

bar572

 

新美先生に聞いた撮影の腕をあげる秘訣は「どんどん撮ること!」。
半逆光の位置を決めるのが難しいという人は、明るい曇りの日に撮影をすると、どの位置で撮影をしても失敗が少なくなるそうですよ。
今年も愛犬の写真をたくさん撮ってあげてくださいね!



室内でかわいい愛猫の写真を撮りた
い方は、次回の【猫編】で!乞うご期待。

 

 

中村仁美

編集・ライター 中村仁美

4匹のシニア猫と暮らす愛猫家。ネコ・パブリッシング社に入社後、『デイトナ』などのライフスタイル誌の編集部に在籍、子猫を拾って退社。猫と触れ合う時間を増やしたいと、フリーランスの編集・ライターに転身する。2010~2012年、“ねこと心地よく暮らす”をコンセプトとした季刊誌『ねこ』を制作、元ねこ編集長。

 

   中村仁美さんの記事をもっと読む

犬、写真、フォト、新美敬子、犬猫写真、撮り方、中村仁美

この記事が気に入ったら
フォローしてね!