ひとりと一匹、子犬ノワさんとの日々〔Vol.5〕おしゃれも健康も♪欲ばりトリミングサロンを訪問!【前編】 by伏見香代子

  • シェア 113
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
main

そこがサロンであろうと動物病院であろうと、やっぱり楽しそうなノワさん(笑)。今回は、愛犬のケアが一挙に叶う、ワンコにやさしいトリミングサロンにお邪魔しました。

 

こんにちは! 伏見香代子です。
みなさんはご自宅での愛犬のお手入れ、十分にできていますか?シャンプーやブラッシング、爪切り、歯磨きetc……。ワンコのお手入れって、じつはやることが結構たくさん! そのうえ、パピーのうちははじめてのことも多くて、慣らしながらやろうと思うとすごく時間がかかったり。
家族で飼っている場合は、誰かが押さえて、別の誰かがその隙に! なぁんていうこともできますが、ひとりと1匹で対面となると想像以上に手こずってしまうことも。

今回はそんな私の悩みもパッと明るくしてくれるような助言もいただきました! ぜひ、最後までお読みくださいね♪

 

獣医師が常駐! 安心のトリミングサロン

取材時、ノワさんは6ヵ月。まだまだ子犬ちゃんとはいえ、マルチーズとトイプードルの血を引き継いだミックス犬。どちらもトリミングが欠かせない犬種なので、体が小さかろうと月イチのサロン通いは必須です。それどころか代謝がいいせいか、被毛の伸びが早すぎでは!?と思うこともあるくらい。

そんなノワさんがお世話になったのは、PET-SPA CARE+CUREひばりヶ丘。動物病院が併設されているトリミングサロンです。

Petlives_nowa1108_003 petlives_nowa1108_004西武池袋線のひばりヶ丘駅直結でホテルお預けなどにもとても便利な立地。前回のカットから1ヵ月でモサモサのノワさん。キレイになぁれ~♪

petlives_nowa1108_001
◇今回お世話になったトリマーさん
PET-SPA CARE+CUREひばりヶ丘
ショップリーダー 渡邉 伶 さん元来犬が好きで、ドッグトレーナーを志し東京愛犬専門学校に入学するも在学中トリミングの楽しさや、やりがいを感じトリマーを目指す。4年半のトリマー経験を経てPET-SPA CARE+CUREひばりヶ丘のショップリーダーとなる。犬に負担をかけずそれぞれの犬が大人なってもパピーに見えるような“かわいらしさ”を引き出すカットをモットーに日々トリミングを実施。

 

まずは獣医さんによる健康チェックから。

店名の「CURE」の部分にあたる併設のクリニックで、獣医さんによる健康チェックからスタート。
こちらのサロンでは会員特典として、初回利用時と年1回誕生日月に健康チェックを無料で受けることができます。 日頃から通うサロンでのお手入れの延長線上で健康チェックや疾病予防が叶うなんて、ワンコにも飼い主さんにもストレスフリーでやさしい!ホテルお預け時の健康管理も獣医さんが行っているそうで、とっても安心です。

健康チェックの項目は、体重、体脂肪、心臓、呼吸器、眼、耳、鼻、口、歯、骨格、関節、生殖器、皮膚など。聴診器と触診で全身をくまなく診てくれます。ノワさんの診断結果は、涙やけが少々、乳歯が残っているので1歳まで様子見、脚の関節が緩い(軽度)、とのことでした。
テンション高すぎ、落ち着きなしのノワさんにも関わらず、テキパキと手際のよい診察。

petlives_nowa1108_011遊びたい気持ちをグッとこらえて、やさしい先生に身を任せるノワさん。この日は体重2.84kg。「順調に成長していますね」とお墨付きをいただきました!

そして、冒頭でお伝えした私の悩み。“飼い主ひとりでの自宅ケア”についてもアドバイスをいただきました!
ポイントはこの3つ。

★普段からたくさん触って、褒めて、「お手入れ好き」に。
★耳と歯は子犬のうちから。とくに歯は1日1回のケアが理想。
★むずかしいケアは、“あえて”専門家・プロに任せる。

私がとても救われたのは、最後の「専門家・プロに任せる」という部分。苦手なお手入れを無理して行って愛犬がケガをしたり、お手入れ嫌いになってしまっては本末転倒。「自宅で行うのがむずかしいケアはサロンにお願いする」という判断をすることも大切ということですね。
ノワさんも爪切りや肛門腺絞りなどはトリミング時にお願いしているので、引き続きプロに任せることに。その代わり、ブラッシングや簡単な耳掃除(綿棒を使ったりは不安なのでプロにお任せ)、獣医師さんに習った軍手歯磨きを実践しようと思います!

また、トリミングが終わって戻ってきたら、トリマーさんに愛犬が苦手なお手入れが何だったか聞いてみるのもいいのだとか。自宅でそのポイントを練習しておくと、次のトリミング時にスムーズにできることも! 日々のトレーニングが快適ケアライフの近道になります。

petlives_nowa1108_008フードもしっかりカリカリと噛むノワさんの歯。抜け替わったばかりでまだまだきれい。保ってあげたい!きちんと磨くのは大変でも軍手をした手で楽しみながらゴシゴシこするだけでも効果があるそう。

 

サロンオーダーのコツは普段の生活スタイルにあり!?

健康チェックが終わったら、そのまま獣医師さんからトリマーさんにバトンタッチ! いよいよ、カットスタイルの相談&リクエストです。
ミックス犬で特徴も掴みにくいノワさんとトリミング経験値の少ない飼い主の私。どうお願いすればトリマーさんに伝わりやすいのか、かわいく機能的に仕上がるのか、じつはよくわかっていません。

今回、ノワさんを担当してくださったのはトリマーの渡邉さん。柔和な笑顔がとてもキュートな女性です。そんな渡邉さんにオーダー時のコツを聞いてみました。
「飼い主さんのお好みはもちろん重要ですが、普段の生活でちょっと困ってることやお悩みを言っていただくと、その部分を配慮したカットをご提案することもありますよ」と渡邉さん。

その後、ノワさんのカルテを見ながら少し考えて、
「ノワちゃんの足元ってすぐモサモサしてお手入れしづらくありませんか? たとえば、この部分を少し工夫するとお散歩後が楽チンになりますよ」

え? それって、どういうこと?

この答えは次回!
プラス、取材の翌日にノワさん連れバーベキューが控えていたので、汚れることを想定して耳の毛のカットなど全体を短めにオーダー。いざ! トリミング室へ。

petlives_nowa1108_009 petlives_nowa1108_010普段の生活スタイルをサラッとヒアリングしてカットの提案をしてくださるトリマーの渡邉さん。被毛が伸びるのが早くて汚れやすいし、床も滑りがちだったノワさんの足元。

 

どんなカットに!?スッキリしたノワさんの全貌は後編で!>

 

伏見香代子

ライター・コミュニケーションディレクター 伏見香代子

1979年生まれ。
飲料、ペット、美容、グルメなど、人の生活に関わる分野でのマーケティングに従事。WEBやメールマガジンを中心に企画、編集、ライターとして幅広く活動。

人が好き! 犬が好き! 猫が好き! じつは、くじら好き!
公私共にパーソナルな繋がりを大事にするライフスタイルが定評。2005年からキャバリアキングチャールズスパニエルのおぅちゃんこと汪太と蜜月を過ごすも4歳と短い生涯で急死。思いがけず、突然ひとりで愛犬の一生を看取ることになる。その悲しみの深さからしばらく犬を飼うことをできずにいたが、2013年5月にマルチーズとトイプードルのミックス犬ノワを迎え、ひとりと一匹暮らしを満喫中。

 

「ひとりと一匹、子犬ノワさんとの日々」バックナンバーを読む

main

この記事が気に入ったら
フォローしてね!