ひとりと一匹、子犬ノワさんとの日々〔Vol.4〕ドキドキ☆パピーパーティに潜入! by伏見香代子

  • シェア 100
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

こんにちは!伏見香代子です。
お散歩デビューのその後、お出かけが本当に大好きになったノワさん。なんと、バッグを出せば自分から潜り込むまでになりました! 「バッグが好き♪」というわけではなさそうですが、そのあとに楽しいことが待っているのを理解しているようです。前に一緒に暮らしていたコはおやつがないと絶対にバッグインしてくれなかったので、この違いには驚きました。

さてさて、そんなお出かけ好きのノワさんがパピーパーティに参加することに! チャカチャカ落ち着きがない性格だけど、大丈夫かなぁ……!?

ペットライブス1021満足顔のノワさん(生後5ヵ月)。今回は彼女的にとっても楽しかった1日をご紹介。飼い主はヒヤヒヤ!?でも、これも経験です!

 

はじめまして♪ 4頭の子犬が集合!

今回お邪魔したのは、PLAYBOW(プレイボゥ)中目黒店。
パピーパーティの対象は生後6ヵ月までの子犬。1回につき定員が5頭までなので、しっかり全体に目が届く安心感がありました。この日はノワさん合わせて4頭の子犬が参加。飼い主さんも横についての1レッスンを無料で受けることができます(要予約)。

ペットライブス1021
◇今回の先生 
PLAYBOW(プレイボゥ)中目黒店 マネージャー
金子 眸さん帝京科学大学理工学部アニマルサイエンス学科在学中に伴侶動物行動学研究室にてパピーパーティーやクラスなどのパピートレーニングを中心に実施。犬の社会化を世の中に広めるために卒業後トレーニング業界にて実務経験を積む。犬のしつけは楽しくをモットーに、現在PLAYBOW中目黒店で犬の保育園のマネージャーとしてドッグトレーニングやパピーパーティー、カウンセリング、イベント等を実施。
PLAYBOW(プレイボゥ)中目黒店

 

◇参加したワンちゃんたち
ペットライブス1021(左から)やる気マンマンなノワさん、ブランくん(チワワ、3ヵ月半、♂)、凜太郎くん(カニンヘンダックス×チワワ、3ヵ月、♂)、バンビちゃん(チワワ、4ヵ月、♀)

 

さっそくレッスンスタート!

まずは簡単な自己紹介から。名前、月齢、犬種、最近の悩みや困っていることをみんなで共有しました。ノワさんは5ヵ月でこの回ではいちばんお姉さん。横を見るとみんなしっぽを下げて飼い主さんの足元にちょこんと鎮座。それに対して、私の膝の上で今にも飛び出しそうなノワさん……。 もちろん悩みは「落ち着きがないことです(飼い主しょんぼり)」。

みんなの顏と名前が一致したところで、スタッフの金子先生から子犬期の経験がいかに重要かの説明がありました。あっという間に成長してしまう子犬の1日は、人に換算するとなんと18日分! 1日1日、ひとつひとつの経験が重要なのはその数字を見るだけでも明らかですね。そして、「そんな大切な子犬期にぜひ行ってほしいことがあります」と先生。それがこの3つ。

★100人の人と友だちになってください
★100頭のワンちゃんと友だちになってください
★色んな場所や環境に連れて行ってください。色んな音を聞かせてあげてください

100人!? 100頭!? 大きな数字を掲げられて飼い主さんたちに少しどよめきが。でも、お散歩ですれ違うワンちゃんや飼い主さん、自宅へ遊びに来た親戚や友人。そんな人や犬との接触を見過ごさなければクリアできそうじゃありませんか? という投げかけに一同納得。

ひとつひとつの出会いや出来事が子犬にとっては大切な社会化のチャンスということですね。

ペットライブス1021 ペットライブス1021飼い主さんの足元でしっぽを丸めている凜太郎くん。恐怖心や好奇心、階級意識の月齢ごとの変化についてはホワイトボードのグラフを見ながら教えていただきました。

 

いざ、実践! 大切なのは「慣れる」こと

パピーパーティを有意義に過ごすためのコツがつかめたところで、レッスンスタート!(この時点ですでに異彩を放つノワさんの遊びたいオーラ。飼い主は内心ヒヤヒヤでした)

はじめに、それぞれが持参したしつけ用のおやつ(フードや小さくカットしたもの)をスタッフの手から食べさせてもらいます。はじめての場所ではじめて会った人からのおやつを食べられるか。大好きなおやつをくれる=怖くない! うれしい印象を与えられれば成功です。

ペットライブス1021 ペットライブス10213~4名のスタッフが交互におやつをあげにきてくれます。ノワさんは物怖じせず、早速クンクン。

さらに上級編にもチャレンジ! 変な格好の人が来た~!!
宅配便の配達員さんなど制服を着た人や体の大きい人、すごく派手な服装の人。人間の世界にいる様々な人に遭遇しても驚いて吠えたり噛んだりすることがないように工夫されたレッスン。これには飼い主の方が驚いたかも!

ペットライブス1021 ペットライブス1021おっかなびっくりしながらそれぞれ大好きなおやつをゲット♪スタッフのみなさんの奇抜なスタイルにプロ魂を感じ、感動すらおぼえました!

前半が終わったところで一度フリータイム。犬たちから手を離し、飼い主は一歩後ろに。この時点で駆け回ったのは言わずもがなノワさんのみ。楽しそうな様子はうれしいのですが、あまりの空気の読めなさに一同苦笑い。飼い主としては複雑な心境です。

ペットライブス1021やっとフリーになってうれしくて仕方がないノワさん。見かねた先生に捕まってしまいました。トホホ……。

 

後半では、リラックスポジションとパピーパスにチャレンジ!

「リラックスポジション」とはお腹を上にした服従の状態でも安心して過ごしていられること。お腹を見せるのに抵抗があるコ、簡単に見せちゃうコ、性格によって難易度は変わりそうですが、この日はみんなとても上手にできていました。ノワさんも! です(笑)。

このポーズが苦手で暴れちゃうコの場合もおとなしくなるまで解放せずにあきらめるのを待つんだそう。暴れたらやめてもらえると覚えてしまっては大変です。それと、苦手なことをさせる前には名前を呼ばない、とも教わりました。“名前を呼ばれることはいつでもうれしいこと”とインプットさせましょうね~!!

ペットライブス1021 ペットライブス1021足の上で、お腹を出してゴロ~ン。クラスも後半になると一体感が生まれてきました。仲よくリラックス♡

ペットライブス1021 ペットライブス1021パピーパスという名の通り、隣の飼い主さんへとパスして人に慣れさせます。みんなかわいい!ノワさんは、誰に抱っこされても大喜びでした。

1時間半のプログラムは想像以上に充実したものでした。ノワさんは終始落ち着きがなかったけれど、彼女なりにおとなしいパピーたちを必死に遊びに誘っていたのかなぁ~と思うと、なんだか健気にも思えてきます。惨敗ではありましたが、ほかの子犬たちもだんだんとしっぽの角度が上がって、その場に慣れてきた様子はうかがえました。

ノワさんがもう少し落ち着いて、ほかのお友だちが犬に慣れてきた頃、またいっしょに遊べたらこんなにうれしいことはないですね!
みんなのびのび大きくなぁれ!!

ペットライブス1021 ペットライブス1021真っ白で王子のようなブランくん。だんだんと人やノワさんに興味をもってくれたみたい!?

 

おまけのショット

ペットライブス1021ノワさんは、終始マイペース。部屋中を走り回ったりクンクンしたり、他の飼い主さんに甘えてみたり。先生に手をかけて周りを見渡してみたり(笑)とっても楽しんでいたようです♪

 

★次回は、カットが必要な犬種なら気になる「トリミング」について。サロンへの取材レポです!

 

伏見香代子

ライター・コミュニケーションディレクター 伏見香代子

1979年生まれ。
飲料、ペット、美容、グルメなど、人の生活に関わる分野でのマーケティングに従事。WEBやメールマガジンを中心に企画、編集、ライターとして幅広く活動。
人が好き! 犬が好き! 猫が好き! じつは、くじら好き!
公私共にパーソナルな繋がりを大事にするライフスタイルが定評。2005年からキャバリアキングチャールズスパニエルのおぅちゃんこと汪太と蜜月を過ごすも4歳と短い生涯で急死。思いがけず、突然ひとりで愛犬の一生を看取ることになる。その悲しみの深さからしばらく犬を飼うことをできずにいたが、2013年5月にマルチーズとトイプードルのミックス犬ノワを迎え、ひとりと一匹暮らしを満喫中。

 

「ひとりと一匹、子犬ノワさんとの日々」をもっと読む

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この記事が気に入ったら
フォローしてね!