ひとりと一匹、子犬ノワさんとの日々〔Vol.2〕お留守番の多いノワさんの社会化 by伏見香代子

  • シェア 169
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
SONY DSC

こんにちは!ひとりと一匹、ノワさんとの暮らしを満喫中の伏見香代子です。
仕事もプライベートも「やりたいことは全部やる」がモットーの私。とはいえ、子犬を迎えた責任は重大です。

見るもの、聞くもの、身の周りで起こる出来事をどんどん吸収するこの大切な子犬期、とくに、ペットショップで販売されていたノワさんの社会化不足はとても心配でした。そこで、彼女を効率よく社会化できる方法について考えました。

PLノワさん1主役のノワさん。マルチーズとトイプードルのミックス犬です。生後3ヵ月齢頃。

ノワ_ペットライブス自宅ではリラックスした状態で、たくさんのボディタッチを。一緒に過ごせる時は思いっきり甘えさせて。

ノワ_ペットライブス ノワ‗ペットライブスとにかく明るい!元気いっぱい! 少々落ち着きのない感じが気になりますが・・・これは追々。

 

動物病院を上手に活用

まず最初にしたことは、近所の動物病院探し。ワクチンプログラムや予防接種、健康診断など、子犬のうちは動物病院に行く機会が多いので、自宅から通いやすい病院をピックアップ。ノワさんのキャラクターをとても褒めてくれるフレンドリーな獣医師さんと出会いました。
(注射でギャンギャン鳴いてそのあとケロリ、2回目以降は注射の最中もしっぽをフリフリ……そんなノワさんを、です(笑))

病院嫌いにさせないために何もなくても抱っこ散歩で立ち寄ったり、予防接種前でトリミングサロンにお願いできない時期の部分カットをお願いしたり、実際にとてもお世話になりました。

572ノワ2013-05-19 10.56-horz社会化のために、ワクチン前の「抱っこ散歩」をたくさんしました。最初は怖かった夜のエレベーターにも慣れました!

 

ふたりきりにならない努力

そして、私が何より大事にした社会化は、たくさんのコト、ヒト、イヌに慣らすこと。犬好きな友人が多いことも手伝って、お散歩デビューの前からたくさんの人に遊んでもらうことができました。誰にでもしっぽを振って、遊んで! 遊んで! とテンションの高いノワさんに飼い主の私が驚くことも。

極端な接触がなければワンコ同士の対面もOKと獣医師さんから聞き、できる限り機会をつくりました。やさしい先輩ワンコや親戚のニャンコにもノワさんは物怖じせず。

この頃から飼い主の心配は、ノワさんが「チャカチャカして落ち着きのない」ことに移っていきました。
この辺は、次回に。。。

SONY DSCPetLIVES編集部にも遊びに。アース(右)やルーチェ(後ろ姿の白いコ)のクンクン歓迎にも一切、物怖じせず!
SONY DSCドッグカフェにも挑戦!この人懐っこさのお蔭で、どこに行っても声を掛けてもらえる人気モノ。

 

★次回は、待ちに待った「お散歩デビュー」をご紹介します!ノワさんの反応はいかに!?

 

伏見香代子

ライター・コミュニケーションディレクター 伏見香代子

1979年生まれ。

飲料、ペット、美容、グルメなど、人の生活に関わる分野でのマーケティングに従事。WEBやメールマガジンを中心に企画、編集、ライターとして幅広く活動。

人が好き! 犬が好き! 猫が好き! じつは、くじら好き!

公私共にパーソナルな繋がりを大事にするライフスタイルが定評。2005年からキャバリアキングチャールズスパニエルのおぅちゃんこと汪太と蜜月を過ごすも4歳と短い生涯で急死。思いがけず、突然ひとりで愛犬の一生を看取ることになる。その悲しみの深さからしばらく犬を飼うことをできずにいたが、2013年5月にマルチーズとトイプードルのミックス犬ノワを迎え、ひとりと一匹暮らしを満喫中。

 

「ひとりと一匹、子犬ノワさんとの日々」バックナンバーを読む

SONY DSC

この記事が気に入ったら
フォローしてね!