なぜ、キャバリアにハマったか?【犬種の魅力編】 by花岡佳イ子

  • シェア 104
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ペットライブス11ジャパンインターでのルーサ

【前編】【後編】

ペットライブス5チコと慎之助親子

愛犬 チコと慎之助、ブラック&タンの親子。とにかく黒いイヌが大好き

28年前に出会ってから、以来、キャバリア一筋。
その魅力とは、どのあたりにあるのでしょうか。

中途半端な黒いイヌが好き!

キャバリアの公認カラーは、 “パーティー・カラー”であるトライ、
ブレナム(日本ではブレンハイムといってますが)、
“ホール・カラー”
であるブラック&タン、ルビーの4色です。

そのなかで私は、ホール・カラーであるブラック&タンの
魅力のどツボに
ハマり、長いキャバ歴のなかで
ブレナムはテリーというコ1頭だ
けしか飼育したことがありません。

これじゃあ、“キャバリア”を語れないんだけどね^^;

要は、“ブラタンフェチ”なんだと思います。
以来、黒いイヌが大好き。いや、もともと好きなのかも…。
つまり、マニアックにいうとキャバリアといっても
ホール・カラーはパーティー・カラーとは犬種が違うと捉えているので、
キャバリアでくくられているけど、
“ブラック&タン”というイヌが好きなんですね。

キャバリアの公認カラー

図2

3-horz

4つのカラーは、昔はそれぞれ異なる犬種だった

キャバリアは、17世紀、英国のチャールズ1世・2世の愛玩犬だった
キング・チャールズ・スパニエルの改良種として知られています。
犬種の歴史がゴージャスであり、4つのカラーが
昔はそれぞれ異なった犬種であることの深みなどの大きな魅力があります。

ブラック&タンはウォーター・スパニエルの血を引く“ピレーメ”という
犬種(絶滅種)の影響が大きく、明るく活発であることや黒い巻き毛など、
現在でも受け継がれて、ブレナムとは違う魅力があるんです。
ちなみにブラックの毛の匂い、他犬種でも大好きです^^
大地や草の匂いがするんです。

ペットライブス7私のバイブル的な本 私にとってバイブルともいれるキャバリアの専門書。

質のいいキャバリアは、絶滅危惧種になりつつある・・・

現実的な話し、今の日本のキャバリアという犬種を考えた場合、
ドッグショーに出るキャバリアは激減し(ブリーダーが激減…)、
さまざまな観点からほぼ“絶滅危惧種”といってもいいほど
(その割には全体数はそれほど下がっていないのが不思議~)。

もっとキャバリアとしてレベルの高い子が欲しければ、
海外から入れるしかありません。
もっとも、質の高いキャバリアを育種しているこだわりのある
ブリーダーさんはいますが、そういう方々は計画したブリーディング
のもと、めったに外へは譲りませんので。

とくにホール・カラーの現状は厳しいと思います。
一時期は私が担当した月刊誌で連載のようにホール・カラーを
取り上げたことがあって、人気が高くなったのは
そのせいだともいわれたことがありました^^;

でも、今はホール・カラーを求める人が減ったような気がします。
あれだけブラタン・フェチな人々がトライに移行していたり、
何を隠そう、私もトライでは2頭めとなる子を迎えたのですから^^;

ペットライブス6みんなの力が結集したムック

キャバリアの魅力を網羅したムック。

J*Yn0ĖÿY^

現在の愛犬、遊太の雄姿^^;. 質の高いホール・カラーは、ますます手に入りにくくなっています。

ブラック&タンはブレナムやトライほどの華やかさはありませんが、
ブラックのキュートな魅力と、黒という色素がブレナムやトライの色素を
安定・強化させるためになくてはならないという、
地味だけど必要不可欠な存在というのがパワーを感じます。

今の愛犬はブラタンの慎之助、遊太、トライのルーサ。
彼らとイヌとの楽しみ方の一つとしてショーも楽しみつつ、
さまざまなことに気付きをいただきながら生活しています!

 ペットライブス8ニューチャンピオン! 完成!した遊太

ニューチャンピオン!完成した遊太。

ペットライブス11ジャパンインターでのルーサ

ジャパンインターでのルーサ、私にとって2頭めとなるトライ。

 ペットライブス10ウチのチャンピオンズ^^;

ウチのチャンピオンズ^^;.

【前編】なぜ、キャバリアにハマったか?(出会い編)

 

 

花岡 佳イ子 (遊ママ)

ドッグライフ・キュレーター 花岡佳イ子 (遊ママ)

フリーライター&エディター
サウンドヒーリング・セラピスト

長年の編集者生活のうち半分以上をペット関連、特にイヌの月刊誌や書籍の編集に関わる。日本で最初のトリマー向け雑誌「Groomer」編集長、月刊「wan」編集部、その後、仲間たちと株式会社A.D.SUMMER’S(出版・編プロ)を立ち上げ、誠文堂新光社「DOGFAN」の創刊から休刊まで副編集長を務め、DOGFAN別冊の犬種別FANシリーズ、「愛犬の友」の編集にも深く携わる。
現代社会において、イヌと人の関係はどうあるべきか? 自分のイヌたちも含めて、イヌとの接し方、考え方を変えていかなければとの思いから、自分の意識をチェンジ&チャレンジ!してみることに。その一歩として、人にもイヌたちにも有効な“サウンドヒーリング”を勉強し、セラピストの資格を取得。
現在は3頭の愛犬たち(キャバリア)との生活を重視しながら、イヌとの関係性をよくするためにも“人への癒し”に重きを置いた活動を展開中。

 

花岡佳イ子氏の記事バックナンバーを読む

ペットライブス11ジャパンインターでのルーサ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!