賃貸での猫飼いに新しい風!人も猫も快適に暮らせる「Seilan Apartment」を見学してきました【前編】 by富田園子

  • シェア 301
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
アイキャッチ

世界初の猫専用デザイナーズ・アパートメント「Gatos Apartment」のオーナー、木津イチロウさんが監修をした「Seilan Apartment」がこの春、横浜にオープンします。すでに多くの入居希望者が殺到しており、内覧会は大混雑とのこと。過日、そのアパートの見学に行ってまいりました!

目指したのは、「人も猫も気持ちよく暮らせる空間」

猫専用アパートというと、「キャットウォークがいたるところにある」「ファンシーでかわいい内装」というような部屋を思い浮かべる人が多いかもしれません。でも、壁に段々のキャットウォークがあることで、本当はそこに置きたい家具が置けないかもしれない。ファンシーでかわいい内装にしてしまったら、シンプルなテイストが好みの人は、落ち着かない。

そう、猫だけでなく「人も気持ちよく暮らせる空間」でないといけない、と、大家さんと木津さんは考えたのです。これには大賛成!私は猫好きですが、ファンシーな猫グッズが好きというわけではありません。世の中の人は「猫好き」にテンプレートなイメージを持ちすぎでは?と思うこともしばしば。

内装がシンプルなら、無印良品のようなシンプルテイストが好きな方はもちろん、様々なテイストにアレンジが可能!ベースはシンプルに越したことはないのです。

しかし、シンプルなようでも、そこには「猫飼いさん」なら納得の様々な工夫が…!実際に猫を飼ったことのある人にしかわからない、工夫の数々が散りばめられています。

アパート-1玄関には、内ドアがあります。わかっていらっしゃる!

ドアから猫が脱走するのを防げます。あとからアコーディオンカーテンなどを取り付けるおうちもありますが、どうしても不格好になりがち。最初から内ドアがあるのがベストですよね。

アパート-2内ドアの鍵は、外側からかけられるようになっています。

外出時に鍵をかけておけば、「猫が内ドアを開けてしまって、外から玄関ドアを開けたとたんにスルリ」という事件がなくなります。そして万が一玄関からすり抜けてしまっても、共同玄関のドアやフェンスの門扉で脱走を防げる仕様になっています。

アパート-3玄関ドアと内ドアの間の空間は、「猫に触られたくないもの」の置き場として使えます。

そうそう、植物とか飾りたいですよね~。

アパート-4.5洗面所には、猫トイレを2つ置けるスペースが!

これは普通のアパートにはなかなかありません。多頭飼いは、トイレを複数置くのが鉄則。しかも、洗面所のドアには猫ドアがあるため、来客時に「猫のウンチがプ~ン」なんてこともありません。洗面所には換気扇もあって、ニオイ対策はバッチリ。飛び散った砂が洗面所から出にくいのも高ポイントです。風呂場にも近いので丸洗いするのも便利。いやー、よく考えられています。

アパート-6床は、汚れが掃除しやすいクッションシート。

一見フローリングのようで、優しい雰囲気です。クッションシートの弾力性は、猫の足にもいいとか。そういえば、我が家ではフローリングでよくドリフト(コーナーを回れず足が空回り)していることがあるなあ。

壁紙はなるべく凹凸の少ないものにして、猫の爪とぎを防ぐ仕様。写真にある芸術的な爪とぎは、入居者へのプレゼントだそうです!

アパート-7 網戸が取り付けられた、レバー開閉式の空気窓。ここにも脱走防止の工夫が。

アパート-81Fの2部屋には、2mのフェンスで囲まれた専用ポーチが!

隙間もことごとく塞いでいるので、猫は簡単に脱走できません。ポーチは結構広く、歩行者からも見られないので、「ここで猫をなでながら夕方ビールを飲めたら…」と妄想をふくらませる私。

アパート-9引き戸は、ソフトクローズ機能付き(勢いよく閉めても、最後はゆっくりと閉まる)。

これで、猫を挟んでしまう事故を防げますね。(猫のしっぽを引き戸で挟んでしまい、しっぽが切れてしまった話などを聞きます…汗)

 

楽しいロフト&キャットウォーク!

アパート-10
2Fの3部屋にはロフトが付いています。なんだか秘密基地のようで楽しい~♪

アパート-11
ロフトまでは階段で上がります。階段の最後は体をかがめないと通れないのですが、これも獣道みたいで楽しい。この階段を使って猫は上下運動を思うままにできますね。

アパート-12ロフトから下を眺めた風景。

実は!ロフトから猫が壁際をほぼ一周できるように、キャットウォークが取り付けられているの、わかりますか?

アパート-13

アパート-14

ロフトの左隅が、キャットウォークへの入り口。まっすぐ突き当ったら、エアコンの上を通って今度は右側へ。ここにすむ猫ちゃんは、運動不足になることはなさそう!楽しそうだなあ~。

<関連リンク>
賃貸での猫飼いに新しい風!人も猫も快適に暮らせる「Seilan Apartment」を見学してきました【後編】 by富田園子

 

編集&ライター/日本動物科学研究所会員 富田園子ペットライブス,PetLIVES,猫,富田園子,日本動物科学研究所会員,うちの猫のキモチがわかる本,はじめての猫 飼い方・育て方,うちの猫の長生き大事典,猫と一緒に暮らす女の子のための飼い方ブック,幸せなハムスターの育て方,小鳥のキモチ

幼い頃から犬・猫・鳥など、つねにペットを飼っている家庭に育つ。編集の世界にて動物行動学に興味をもつ。猫雑誌『うちの猫のキモチがわかる本』の編集統括を8年務めたのち、独立。編集を担当した書籍・雑誌に『決定版 猫語大辞典』『はじめての猫 飼い方・育て方』『うちの猫の長生き大事典』『猫と一緒に暮らす女の子のための飼い方ブック』『幸せなハムスターの育て方』『小鳥のキモチ』『幸せな文鳥の育て方』『フレブル式生活のオキテ』など。3匹の猫と暮らす愛猫家。

富田園子氏のバックナンバーを読む

アイキャッチ

この記事が気に入ったら
フォローしてね!