女手ひとつでお手軽DIY!猫仕様にリフォーム。一級建築士がアドバイス 【実践編1】 by宮村美帆

  • シェア 615
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

PetLIVESでもおなじみ、猫仕様のリフォームを数多く手がける一級建築士・清水満さんの手ほどきを受けながら、お手軽DIYで取り組む猫のためのお部屋プチ改造計画。今回はいよいよ実践編です。さて、ゴロウちゃんは喜んでくれるでしょうか?

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「なんかいっぱい届いたニャ〜」

今回は、無印良品の「壁に付けられる家具」(以下、「壁家具」)を組み合わせて作ります。部屋のベースカラーに合わせて、「タモ材/ブラウン」で統一します。

*注:商品の本来の目的とは違う形でアレンジして使用しています。私の自己責任で行った事例のご紹介です。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回使った便利な工具
1.〔タッカー〕…釘打ちが苦手でもタッカーがあれば、簡単なものの固定はバッチリ。
2.〔電動ドリルドライバー〕…ネジ締めもラクラクなので、力のない女性にはおすすめ。これがあるとDIYの幅が広がります。
3.〔下地センサー〕…壁裏の下地を探すのにとっても便利。下地のある場所を音と光で教えてくれます。

 

釘やビスを使わずにステップを付ける

まずは猫トイレやケージがある、通称「ゴロウ部屋」から。片側の壁に「ニャンダフル・シェルフ」を設置したので、そこからキャットタワー、さらに2段ケージへの動線を作ります。
今はすっかり猫部屋と化していますが、本来はゲストルームであり、ゆくゆくは模様替えする可能性も大いにあります。

釘やビスなどで固定してしまうと壁のあちらこちらに穴があき、もし取り外すことになったときどうしたものかと若干ためらいがありました。そこで、いざというときにはすっきり原状回復できるよう、この部屋では釘やネジを使わずに、壁へのダメージの少なくて取り付けが簡単で、そこそこの強度もある固定金具を使うことにしました。

DIY2-3

「壁に付けられる家具」(以下、「壁家具」)では、「ハイパーフックかけまくり(メタルフックWH)」という石膏ボード用固定金具が使われています(A)。でもこれでは強度が足りないので、「壁美人P-4」を使用(B)。1 枚当たりの静止荷重は6kgで、ホッチキスで取り付けられ、傷跡が目立たないのが特徴の金具です。「壁家具」の受け金具がそのまま利用できました。OLYMPUS DIGITAL CAMERA

今回は強度を上げるために、通常のホッチキス針よりも太くて長いタッカー針を利用しました。それでもはずした痕はこの程度なので、穴はさほど目立ちません。

 

棚を組み合わせてキャットウォーク

「ニャンダフル・シェルフ」とキャットタワーをつなぐため、「壁家具」の「棚・幅44cm」(奥行12cm)をキャットウォークに使用しました。マスキングテープを貼って位置を決め、タッカーで固定金具を取り付けます。金具に引っかけるだけでは下からの衝撃で外れてしまう可能性もあるので、両面テープでも固定して補強しました。

DIY2-5

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

タッカーで打ち付ける「バシッ」という音が「DIY気分」を盛り上げます(^^)。両面テープは強力なもののほうがしっかり固定できますが、一度貼り付けてしまうと、はがすときに壁紙も一緒にはがれてしまうので慎重に! 銀色の固定金具がむき出しにならないように、専用の白いカバーを付けました。

《Before》

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
出窓上のただの真っ白な壁に…

《After》

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
段差をつけて3つ並べ、キャットタワーまでのステップの完成!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「ニャンだこれ? 乗っていいのかな?」初めはちょっと恐る恐るでしたが……。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「うへへへ♡こんなところまで来られちゃったよ!」奥行12cmなので、若干狭そうではありますが、器用に行き来しています。

 

箱型棚を使ってキャットステップ

続いて、キャットタワーから2段ケージ周りの動線づくり。「壁家具」の「箱・幅44cm」1個と「箱・1マス・幅19cm」(ともに奥行15.5cm)2個を組み合わせて作ります。

DIY2-11

先ほどの棚と同様に、位置を決めたら固定金具と両面テープでしっかり固定。

《Before》

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
こちらもスカッと空いていた白い壁に…

《After》

OLYMPUS DIGITAL CAMERA
バランスよく段差もつけて、こんな感じのキャットステップが完成しました!

DIY2-14

「どれどれ」「うん、乗り心地OK! まずまずの安定感」

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

箱のステップはちょっとした物入れとしても重宝しています。ただし、中に入れのは軽いものに限定。あくまでも、ゴロウちゃんの荷重が最優先です。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

 

空間利用で広がった行動範囲

これまでこの部屋で登れる場所と言えば、キャットタワーと2段ケージ、高さ77cmの出窓くらいでしたが、楽しい「ニャンダフル・シェルフ」やキャットウォーク、ステップを設置したことで行動範囲が広がり、ゴロウちゃんは空間散歩を楽しんでいます。
今回は石膏ボード用固定金具を使用しましたが、設置から2か月、体重5kg弱のゴロウちゃんが飛んだり跳ねたりして上り下りしても、今のところ問題なく使用できています。

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ゴロウちゃんが乗る面はそのままだと滑るので(一度滑り落ちました!)、後日、すべてに滑り止めマットを付けました。

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

「高い吹き抜けなどがなく、体重5kg弱のゴロウちゃん1匹だけなら、石膏ボード用固定金具でも大丈夫そうですが、大柄な猫や多頭飼育で同時に2匹以上乗ることが想定される場合には強度が十分とは言えないので、ビスでしっかりと固定してください」(清水さん)

 

これはいい!ゴロウちゃんのお気に入り

「猫快適ベッドテラス 簡単取り付け吸盤タイプ」

プチリフォームやDIYまではちょっと……、でも猫のために何か工夫をしてあげたいという人は、4つの強力な吸盤で窓に取り付けるこのベッドはいかがですか? これならば部屋を傷めることは一切ありません。高さのある所に設置すれば上下運動にもなりますし、窓の外もよく見えて猫にとっても刺激になります。ゴロウちゃんもすっかり気に入って、電線に止まる鳥を見つけて興奮したり、日なたぼっこをしながら昼寝をしたりしています。お値段も1,000円台ととってもお手頃です!

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

ゴロウちゃんがあまりにもハマったので、わが家では2部屋に設置しています。吸盤の吸着力も強く、ゴロウちゃんが勢いよく乗り降りしても、しっかりくっついています。

 

宮村美帆フリーエディター 宮村美帆
動物好きの両親の影響で、子どもの頃から、犬、小鳥、ハムスター、鈴虫、錦鯉など、何かしら生き物がいる環境で育つ。動物看護師として2年間の動物病院勤務を経験した後、猫の月刊誌『CATS』の編集者に。その後、人と動物の今を考える雑誌『季刊リラティオ』の編集などを経てフリーランス。エディター、ライターとして、ペット(動物)、児童書(図鑑)、実用書、デジタル情報辞典などを手がける。ヒトと動物の関係学会編集スタッフ。愛玩動物飼養管理士(2級)。ずっと犬派だったが、動物病院勤務で猫の魅力に目覚め、猫雑誌の編集でどっぷりハマる。獣医師やペットオーナーなどへの数々の取材で得た情報、学んだ知識を活かし、猫とのより楽しい暮らしを研究中。現在の愛猫はゴロウちゃん。

 

「もっと愛猫とラブLIFE by宮村美帆」をもっと読む

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この記事が気に入ったら
フォローしてね!