猫の住環境学-猫と暮らす住宅実例〈第2弾〉後編【猫の一休建築士】 by清水 満

  • シェア 1039
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
ペット,猫,清水満,キャットライフ・キュレーター,猫の一休建築士,猫の住環境学,ペット用建材

今回、室内はクリーニングされて改装する必要がないので表層はそのままに、家具を設置する工事が主になりました。
以下が今回の改装の特色です。

 

■マンションのベランダは共用部!

猫のトイレの場所ですが、分譲マンションのベランダは共用部なのでトイレを置く事は出来ないですし、もし置けたとしても雨風の問題や出入りの問題などがあります。それらに対処した造作をすると大変なお金が掛かってしまいます。

玄関にある既存の靴箱を取り外し、新しく作り直した靴箱を上側に取付け空いた下側に猫トイレを設置する事で解決しました。

ペット,猫,清水満,キャットライフ・キュレーター,猫の一休建築士,猫の住環境学,ペット用建材

玄関Before

ペット,猫,清水満,キャットライフ・キュレーター,猫の一休建築士,猫の住環境学,ペット用建材

玄関After

:マンションのベランダは共用部です。
猫のトイレを置いているお宅もたまに見ますが、臭いなどの問題で近隣の迷惑になりがちですし、火災発生時の避難経路にもなっていますので物は置かないようにしましょう。

 

■本棚は既製品の収納ボックスが入れられる大きさに!

キャットウォークと組み合わせてリビングを猫が一周できるように本棚の上は猫が歩けるように作りました。
また、本棚に扉を付けるとコストが上がってしまうので、本以外の物も収納できるように無印良品やイケアの収納ボックスが納まる様に本棚の縦横寸法を調整しました。

150401_shimizu_04-572x572

▲猫階段下部には無印良品の収納ボックス

150401_shimizu_05-572x572

 ▲本棚下部にはイケアの収納ボックス

 

■そこだけ浮いていた黄土色の本棚の処理!

元からあった窓際の本棚はそこだけ他の仕上げと違う黄土色の木目調。
最初の計画では今回作る本棚などと同じ白色の木目の化粧シートを貼るつもりでしたが、予算オーバーになってしまいました。

ペット,猫,清水満,キャットライフ・キュレーター,猫の一休建築士,猫の住環境学,ペット用建材

窓下本棚Before

ペット,猫,清水満,キャットライフ・キュレーター,猫の一休建築士,猫の住環境学,ペット用建材

窓下本棚After(柱型と梁型に木目クロス)

このままでは室内のデザインバランスが壊れてしまうな と考えた私が出した答えは、柱と梁という室内に飛出して目立っている部分を黄土色の家具と同じ色の木目クロスで仕上げれば家具の違和感無が無くなるし、部屋のアクセントにもなるのではないかと言う事。
実際出来上がった室内はとてもいい感じになりました。もちろんクライアントにも好評でしたよ。

完成!

150330_shimizu_07-572x414

150330_shimizu_11-572x439

 

クライアントから送られてきた猫のいる風景です。
猫たちがそれぞれ楽しんでいる様子が分かって、設計した者としては大変嬉しい報告です。
これからも猫たちやクライアントのために一所懸命頑張ろうと思えるのでした。

ペット,猫,清水満,キャットライフ・キュレーター,猫の一休建築士,猫の住環境学,ペット用建材

ペット,猫,清水満,キャットライフ・キュレーター,猫の一休建築士,猫の住環境学,ペット用建材

ペット,猫,清水満,キャットライフ・キュレーター,猫の一休建築士,猫の住環境学,ペット用建材

ペット,猫,清水満,キャットライフ・キュレーター,猫の一休建築士,猫の住環境学,ペット用建材

ペット,猫,清水満,キャットライフ・キュレーター,猫の一休建築士,猫の住環境学,ペット用建材

アール付きベットでくつろぐ猫2
この曲線がいいのよ!

 

次回は、先日開催されたイベント「インターペット」の報告レポートを書きます。
お楽しみに!

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆愛猫ギャラリー 【今日の海と3匹の兄妹】

深夜、目が覚めて猫らがどうしてるか探したら猫集会していた。
手前左に茶白の新(シン)、右に三毛の空(クウ)、奥左に三毛の蘭(ラン)、奥右に先住猫キジトラの海(カイ)

ペット,猫,清水満,キャットライフ・キュレーター,猫の一休建築士,猫の住環境学,ペット用建材

 

<関連コンテンツ>

猫の住環境学 - 猫と暮らす住宅実例〈第2弾〉前編

 

清水 満

キャットライフ・キュレーター 清水満

一級建築士・愛玩動物飼養管理士
一般社団法人ペットライフデザイン協会 代表理事
猫作家プロデューサーペットイベントプロデューサー・猫関係セミナー講師

北海道生まれ。北海道の大自然の中、たくさんの動物たち(家畜・ペット・野生動物)と触れ合う環境で育ちました。もちろん動物大好き、猫大大好きです。大学卒業後はインテリアデザイナーを目指して東京へ。建築設計事務所、インテリアデザイン事務所に勤務の後、30歳の時、建築インテリア設計事務所「スタジオ・ナビ」を設立し独立。主にレストランや自動車のショールームなどの商業施設設計やマンションの企画などをしていましたが、愛猫の一休、海との路上での運命の出会いから、ペットと幸せに暮らす住宅の事を考えはじめ「わんにゃん健康住宅研究所」を立ち上げました。現在「ペット専門建築士」として活動中です。また、設計活動の傍ら「北の猫たち展」(札幌開催)などの展示会開催や猫作家支援、イベントの企画及び参加、TV出演など幅広く猫の専門家として活躍しています。

▶HP:わんにゃん健康住宅研究所
▶ブログ:猫の一休建築士

 

「猫の一休建築士」バックナンバーを読む

ペット,猫,清水満,キャットライフ・キュレーター,猫の一休建築士,猫の住環境学,ペット用建材

この記事が気に入ったら
フォローしてね!