猫の住環境学 ~猫と住宅照明について【猫の一休建築士】 by清水 満

  • シェア 382
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
001

 猫って、照明にもウルサイって知ってた?

 

今回は、猫と住宅照明がテーマ。実体験を元に、ある仮想家族の出来事からショートストーリー形式で始めます。登場人物は、真宇(マウ)家の人々。パパ、ママ、エリカちゃん(小学生)、ソラちゃん(オス猫)の家族構成です。真宇家の人々は半年前に念願の新しいお家に引っ越してきました。

 

新しいお家のリビングは素敵なのに、なぜ廊下にばかりいるの?

ママ
 「新しいお家は広いし明るくてとてもいいわね。でもねパパ、新しいお家に来て半年たったけど、ソラちゃん夜になると相変わらずリビングからいなくなるのよ」

パパ 「そう言えばそうだね。廊下にいるね。どうしたんだろう? 新しいお家に慣れていないから落ち着かないのかと思ったけど、そろそろ慣れてもいいのにね。猫は居心地がいい所を探すのが得意だというけど、なんで廊下がいいのかな?」

エリカ 「パパ、ご飯の時やトイレの時はリビングに来るよ」

パパ 「ご飯もトイレも問題ないようなら、そのうち新しいお家に慣れてリビングにも来ると思うよ」

PL03nekoなんか居心地悪いんだよね、この部屋。ホントはみんなと一緒にいたいのに。

ソラちゃん一体どうしちゃったのでしょうね。
ソラちゃんは3年前にお友達の家で生まれた生後2ヶ月の子猫をお父さんがもらってきたそうですが、ここは猫の一休建築士猫清水が[ソロモンの指輪]※を使ってソラちゃんに聞いてみましょう。

※[ソロモンの指輪]:旧約聖書の中で、天使ミカエルによりソロモン王に授けられた指輪。あらゆる動植物の言葉が理解できる力があると伝えられている。

猫清水 「ソラちゃん、新しいお家に引っ越してどうですか?」

ソラちゃん 「おじさん、聞いてくれる? 引っ越した時は新しいお家に戸惑ったりしたけど、今はもうほとんど探検し終わったからだいぶ慣れたよ。でもね、夜になってリビングにいると目がチカチカするし、ブーンって振動音がするんだ。とても落ち着かなくて居心地悪いんだよ。ホントはみんなと一緒にリビングにいたいのに・・・」

 

ソラちゃんがリビングに来ないのは、蛍光灯が原因だった!

皆さん解りましたか?
ソラちゃんが夜にリビングからいなくなる原因。暗くなると点けるものと言ったら、照明ですよね。
新しいお家のリビング照明の電球は蛍光灯だったのです。前のお家の照明は白熱灯の電球で、生まれたお友達の家の照明も白熱灯だったそうです。問題は蛍光灯の照明にあったのです。

PL02neko不快な原因、解っていただけましたかな?

では、ここで蛍光灯について簡単に説明しましょう。

子供の頃、勉強机に付いていた照明は蛍光灯が多かったと思いますが、照明に顔を近づけると蛍光管の端がチラチラして見えた経験がありませんか。

蛍光灯は管内にアルゴンと水銀蒸気を封じ込めてあり、グロー放電によって水銀から紫外線を出します。それが管内に塗られた蛍光物質で可視光線に変えられ部屋を照らします。

通常 蛍光灯は電源の2倍、すなわち50Hzの電源を使うならば100Hz、60Hzの電源を使うならば120Hzで点滅を繰り返すように作られていますが、この点滅はほとんどの人間の目では感知できないように作られています。蛍光灯の寿命が近づき、一度の点滅の残光時間が短くなると、点滅の感覚が目立つようになります。これが光のちらつき(フリッカー)として見えるのです。

ほとんどの人は蛍光灯のちらつきを感じないのですが、まれに感覚が鋭い人がいて蛍光灯だと落ち着かないと言う人もいます。

猫は人間の何倍も動体視力や聴覚が鋭いので、蛍光灯のちらつきが気になるようです。しかも蛍光灯の安定器からはブーンという音も出ています。

蛍光灯の点いている部屋は人間には明るくて静かな空間ですが、猫にしてみれば、ちらちらしてうるさい空間なのかもしれません。特にソラちゃんのように生まれた時から白熱灯で暮らしてきた猫は、気になって落ち着けなかったのでしょうね。

もっとも、ペットショップなどは蛍光灯の照明が多いので、そこで仕方なしに慣れてしまう猫も多いでしょう。
早速、真宇家の照明を蛍光灯から 今流行のLED電球に取り替えました。

004猫は白熱灯やLEDなど、優しい光を出す照明が好きなんです。

猫清水 「ソラちゃん、照明変えたけど、どう?」

ソラちゃん 「うん、前よりずっと落ち着くよ。エリカちゃんともたくさん遊べて楽しい」

猫清水 「そう、それは良かったね」

皆さんのお家も照明チェックしてみてくださいね。
猫は恋人たちのようにムードを大切にするので、照明も蛍光灯より白熱灯やLEDなど優しい光を出すものがよいでしょう。

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

◆愛猫ギャラリー 【今日の一休と海】
北海道の友人からお土産で貰った酒の肴の小魚を狙う猫ら。
そんな真剣な目をしてもあげませんよ!

PL05neko

 

次回は「猫の住環境学−猫と住む住宅実例」です。

 

清水 満

キャットライフ・キュレーター 清水満

一級建築士・愛玩動物飼養管理士
一般社団法人ペットライフデザイン協会 代表理事
猫作家プロデューサーペットイベントプロデューサー・猫関係セミナー講師

北海道生まれ。北海道の大自然の中、たくさんの動物たち(家畜・ペット・野生動物)と触れ合う環境で育ちました。もちろん動物大好き、猫大大好きです。大学卒業後はインテリアデザイナーを目指して東京へ。建築設計事務所、インテリアデザイン事務所に勤務の後、30歳の時、建築インテリア設計事務所「スタジオ・ナビ」を設立し独立。主にレストランや自動車のショールームなどの商業施設設計やマンションの企画などをしていましたが、愛猫の一休、海との路上での運命の出会いから、ペットと幸せに暮らす住宅の事を考えはじめ「わんにゃん健康住宅研究所」を立ち上げました。現在「ペット専門建築士」として活動中です。また、設計活動の傍ら「北の猫たち展」(札幌開催)などの展示会開催や猫作家支援、イベントの企画及び参加、TV出演など幅広く猫の専門家として活躍しています。

▶HP:わんにゃん健康住宅研究所
▶ブログ:猫の一休建築士

 

「猫の一休建築士」バックナンバーを読む

001

この記事が気に入ったら
フォローしてね!