10/12「たまごデー」犬猫に卵は本当に与えてはいけないのか?

  • シェア 0
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
171012

10月12日は「たまごデー」。

1492年のこの日は、コロンブスが新大陸アメリカに到着した日です。コロンブスデーとも、コロンブスがゆで卵の殻を割って立てて見せたエピソードから、たまごデーとも呼ばれることに。

犬猫に与えてはいけない食べ物として、よく名前があがる卵ですが、なぜいけないのでしょうか。「え、うちの子、大好物だけど・・・」と、不安になった飼い主さんもおられるかもしれませんね。

卵がなぜ危険かというと、卵の白身には「アビジン」というタンパク質が含まれており、これが「ビオチン(ビタミンB7)」と結合して、その吸収を阻害し、ビオチン不足を引き起こすことがあるからです。ビオチンは、犬猫の皮膚や被毛の健康に関わる重要な成分です。

もっとも、加熱すればアビジンが変性し、ビオチンとの結合力が失われるので問題ありません。卵好きの愛犬・愛猫は、念のため「固ゆで卵」にして召し上がれ。また、生であっても黄味だけなら大丈夫です。

 

愛犬は卵好き?

回答せずに結果を見る

Loading ... Loading ...

 

愛猫は卵好き?

回答せずに結果を見る

Loading ... Loading ...
171012

この記事が気に入ったら
フォローしてね!