7/16「駅弁記念日」一世紀余りを経て犬用弁当が登場

  • シェア 366
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0716駅弁s

7月16日は「駅弁記念日」。

1885年のこの日、日本鉄道の宇都宮駅に日本初の駅弁が登場。
中身は、竹の皮に握り飯2個とタクアンを包んだものだったとか。

さて、一世紀余りを経た2007年、犬用のドライブ弁当が初登場!
東日本高速道路会社が、高速道路の利用客の愛犬向けに
サービスエリア(SA)で販売した「どら弁当ポチ」です。

中身は、伊達鶏のささみと野菜のスープ、玄米100%の食パン、
ひじきやすりごまのふりかけ、玄米粉を使ったおせんべい。
人用の原材料を使用し、保存料・着色料を使わないヘルシー志向。
日本初の駅弁に比べると、手間もお金もかかっていそうです。

犬の飼い主さんの間では話題になったお弁当ですが、
残念ながら、今は販売終了となってしまいました。

 

犬用の駅弁があったら?

回答せずに結果を見る

Loading ... Loading ...

猫用の駅弁があったら?

回答せずに結果を見る

Loading ... Loading ...
0716駅弁s

この記事が気に入ったら
フォローしてね!