6/1「写真の日」ペットを撮ると「赤目」や「緑目」になるのは?

  • シェア 495
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
0601写真2s

6月1日は「写真の日」。

1841年のこの日、薩摩藩主・島津斉彬を撮影したのが、
日本初の写真とされていたため(実はそれ以前にも行われていた)。

デジカメの普及で、手軽にうちのコを撮影できるようになりましたが、
かわいく撮ったつもりが、目が赤色や緑色に写ってしまった!
そんな経験はありませんか?

あれはフラッシュの強い光が網膜で反射して見える光で、
「赤目」は眼底の毛細血管の色なんです。

それでは、「緑目」は?
犬や猫は、網膜の裏に「タペタム」と呼ばれる緑色の反射層を持っています。
この反射層が光を増幅してくれるから、
彼らは暗がりでも目が利くんですね。
緑目になるのは、このタペタムに光が当たったとき。
人はタペタムを持たないので、赤目にしかなりません。

 

愛犬の写真が赤目や緑目になる原因、知ってた?

回答せずに結果を見る

Loading ... Loading ...

愛猫の写真が赤目や緑目になる原因、知ってた?

回答せずに結果を見る

Loading ... Loading ...
0601写真2s

この記事が気に入ったら
フォローしてね!