2/20「アレルギーの日」犬の食物アレルギーの原因とは?

  • シェア 1
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
IMG_0032

2月20日は「アレルギーの日」。

アレルギーの代表的なものとしては、花粉やイエダニなどが原因のアトピー、特定の食物に反応する食物アレルギー、金属や刺激物に触れることで起こる接触性アレルギーなどがあります。

アレルギーで食事療法をする犬も増えています。食物アレルギーを起こす主な原因はタンパク質。動物性なら牛肉・豚肉・鶏肉など、植物性なら小麦グルテンなど、犬が過去に食べる機会が多かった食物ほどアレルゲンとなりやすいのです。これらのタンパク質にアレルギーをもつ犬の食事として登場してきたのが、「ラム&ライス」や「フィッシュ&ポテト」などのフード。もっとも、ラムもすっかり普及して、最近はラムにアレルギーを起こす犬も出てきたようですが…。

より徹底した療法食フードとして、タンパク質を加水分解して、体内に入ってきてもタンパク質と認識されないレベルまで分子量を小さくし、アレルギー反応を起こしづらくしているものもあります。

 

食物アレルギー対策もあって、最近はいろんなドッグフードが出ているけど、愛犬にはどんな原料のフードをあげている?

回答せずに結果を見る

Loading ... Loading ...
IMG_0032

この記事が気に入ったら
フォローしてね!