【ドッグトレーナーがお答え!】犬のしつけQ&A「タオルや枕を咬み散らかしたり、綿などを食べてしまいます…」

  • シェア 56
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
06true

 

 

Q. ケージの中のタオルや枕を咬み散らかしたり、綿などを食べてしまいます。

ケージに寝るためのタオルや枕を入れると、帰ってきたときや朝起きたとき噛み散らかして、時には綿などを食べてしまいます。犬が嫌がるスプレーをしても効果なしです。

どうしたらやめさせられますか?

相談者:ココナッツさん
愛犬:ココちゃん・コーギー・♀・1歳

 

 

A. 感触が肉に似ている犬用のオモチャを入れてあげてください。

犬はオモチャなどに入っている綿を取り出すのがとても好きです。これは、犬の祖先であるオオカミが、獲物を食べる際に見せる行動の名残であると考えられます。ですから、ココちゃんはケージに入っているとき、噛む感触の良いタオルや枕を一生懸命に噛むのだと思います。

この対処法としては、犬用のオモチャ(感触が肉に似ている物)を入れてあげて、そっちを噛ませるようにしてあげましょう。フードを挟めたり入れられるオモチャである方が、効果的ですよ。まずは、この方法で対処してみてください。

編集部より)
このQ&Aは「メールでのお問い合わせ」に回答したもので、個別カウンセリングを行った結果ではありません。
愛犬の問題行動の予防やお困りの際は、しつけ方教室やドッグトレーナーを活用されることをおすすめします。

 

★セミナー告知★
スタディ・ドッグ・スクール 継続セミナー「イヌを知る ~互いが幸せに暮らすために~」
第6章 「上下関係?親子関係?~人と犬の関係はどうあるべきか?~」
SDSセミナー風景

あなたの信じる“イヌとのつきあい方”に明確な根拠はありますか?

イヌはその祖先であるオオカミの習性を理由に様々な勘違いや迷信めいた考えにさらされてきました。しかしながら近年、オオカミの習性でさえ過去の学説とは異なることや、イヌの科学的な研究の進歩により過去の逸話的な話が否定されるケースも珍しくありません。

イヌの研究で博士号を取得した異色のトレーナーが、学説を元にイヌとのつきあい方について解説していきます。
・オオカミとイヌの比較
・シチュエーション別に見る人と犬の関係性
・犬との理想的なつきあい方

【講師】
三井翔平(学術博士)

【開催日時】
2016年2月26日(金) 17:00~20:30 (19:15~20:30:懇親会)

【開催場所】
AP品川「P+Qルーム」
東京都港区高輪3-25-23 京急第2ビル 9F

【参加費】(懇親会参加費含む)
一般 5,000円/SDSフレンズ会員 4,000円

★詳細&お申込みはこちらから

ドッグトレーナー/学術博士 長谷川成志

長谷川麻布大学介在動物学研究室(旧 動物人間関係学研究室)にて、トレーニング中の犬のボディランゲージの研究を行い、動物人間関係学の分野で学位を取得。 アシスタントドッグ育成普及委員会(H13~17年度 住友生命支援事業)の奨学生としてアメリカの介助犬団体Summit Assistance Dogsに留学し、Certificate of Achievementを取得。 2009年には世界的なドッグトレーナーの資格であるCPDT-KAを取得し、スタディ・ドッグ・スクールを企画運営している。

スタディ・ドッグ・スクール
スタディ・ドッグ・スクール ペットドッグトレーナー育成コース

 

「犬のしつけQ&A」をもっと見る

06true

この記事が気に入ったら
フォローしてね!