大切な愛犬を守るための防災対策ガイド<最新版まとめ>ペット同行避難

  • シェア 4
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
OLYMPUS DIGITAL CAMERA

▼愛犬とともに避難する…助かるためには?

犬にとっての非常用グッズってなに?

地震や噴火・台風・異常気象など、自然災害の多い昨今。もしものときに愛犬と自分を守るため、今回防災について見直すことにしました…<続きを読む>

 

“ドッグフードや薬はもちろん、愛犬手帳や写真も忘れずに!”
犬の名前や年齢など基本的なことから、理解できる単語やトイレシートで排泄できることまで、それ1冊でそのコのことがほとんどわかるようにしておくと◎

“指定の避難場所がペット同行避難OKか確認”
地域によって差があるペットの動向避難の受け入れ体制。自分の地域はどうなのか把握しておくことが大切です

出典:本気で愛犬の災害対策!避難グッズと避難場所を見直してみた

 

避難訓練を体験して自信をつける!

ただ想像するのと、実際にやってみるのとでは勝手がかなり違うもの。災害時、愛犬は自分の指示どおり動いてくれる?避難場所までスムーズに行ける?…<続きを読む>

 

“災害発生から避難場所までの道のりをなぞる”
住宅火災や倒壊、地割れなどを想定して行うと◎。最短ルートが通れない場合もあるかもしれないため、ルートの選択をいくつも持っておくとよいでしょう

“行政が開催するペット同行防災訓練も”
地域によって、行政が開催するペット同行防災訓練もあります。避難生活のイメージもつきやすいので、オススメです

出典:ペット同行防災訓練を体験!災害時、愛犬と一緒に避難するために。

 

▼愛犬の心のケアとトレーニング

ストレスに強いコに育てる!

災害時、うちのコを連れて避難することができますか? 大人しくクレートに入ってくれるだろうか。避難所で知らない人や犬猫たちに囲まれて、落ち着いて過ごせ…<続きを読む>

 

“愛犬の心のケア、普段からどんな準備ができる?”
災害後、吠えや家族への依存が増え、しばらくは家の中でもつねに後追いをするようになったケースも。トレーニングが愛犬の心を強くしてくれます

“愛犬が「地震=怖いもの」になったら”
「大丈夫、怖くない」ということを教えてあげます。飼い主さんのどんな行動や言葉でそのコが落ち着けつけるか、を知っておくことが大切です

出典:災害時のペットの不安を和らげるために。日頃から備えておきたいトレーニングと心のケアについて

 

愛犬に身につけさせたい災害対策

単に同行避難に必要なものを準備するだけでなく、日頃の生活やトレーニングで愛犬に身につけさせておきたい行動やマナーもあります。日常とはまるで違う避難現…<続きを読む>

 

“被災後は、ハウスがいつもと違うことも”
自治体で用意されるのは金属製の網状のケージがほとんど。避難生活では、愛犬がそこで生活をしたり、場合によってはハウスが用意されていないことも。日頃から、普段のハウス以外にも慣らしておくと安心です

“どんなトイレでも排泄できますか?”
場所やトイレの材質、臭いが変わっても、愛犬はトイレができますか?指定した場所で飼い主さんの指示によって排泄できるのが、ベストです

出典:防災グッズだけでは不十分!避難現場で役立つペットを守るための対策9ヵ条

 

▼防災のプロに聞く。ペットの防災とは?

避難グッズと防災はイコールじゃないんです!
ライン2
OLYMPUS DIGITAL CAMERA
「もし被災したら、うちのペットはどうしよう?」そんなふうに不安に思いながらも、何をしたらよいかわからない人が大半ではないでしょうか。災害が起きたとき…<続きを読む>

 

“リアルにシミュレーションすれば、やるべきことが見えてくる!”
個々の家庭の状況を踏まえてシミュレーションすれば、オリジナルのマニュアルができる

“都会人に足りない!? “共助(きょうじょ)”の大切さ”
2014年の白馬の地震は、“共助”の力で被害が最小限に抑えられたよい例です

出典:【犬猫の防災2015】避難グッズを揃えるより大切なことは?―ペット防災のプロに聞く(1)

 

ペットとの避難、行政がしてくれることとは?

東日本大震災を受けて、平成25年、環境省の「災害時におけるペットの救護対策ガイドライン」ができました。その中には「避難をする際には、飼い主はペットと一…<続きを読む>

 

“避難所での生活はどんな感じ?”
避難所でペットと暮らすには、ペットの飼い主さんが協力し、代表を立て、責任者とうまく交渉する必要があります

“「同行避難」は選択肢の1つ。MUSTではない!”
人も動物も自宅避難(自宅にいて物資や情報は避難所で得る)するという選択肢もあります

出典:【犬猫の防災2015】実際の避難所での生活や同行避難とは?―ペット防災のプロに聞く(2)

 

災害時の命綱は、たくさんあればあるほどいいんです!

03_bed49e2f0530a6da7cfb8ae3239ae318_s

いざ災害が起きたときにあなたとペットを守るための“命綱”。命綱は一本でも多いほうが安心です。1人が持ち運べるのは、ペットを含めて6~8kgといわれて…<続きを読む>

 

“非常グッズ以外の防災はなにをすればいい?”
家具の固定やペットの逃げ場所など、安全な室内づくりも重要

“日頃のトレーニングを侮るべからず!”
避難するとき、避難してから、ありとあらゆるところで「待て」「伏せ」「おいで」などは大切です

出典:【犬猫の防災2015】災害時の命綱は多いほうが良い―ペット防災のプロに聞く(3)

 

避難グッズのなかに何を入れるものはコレ!

最も優先順位の高いものは、人間用の避難グッズと同じバッグに入れておき、避難の際に持ち出します。自家用車がある人は、車のトランクに入れておくのもおすす…<続きを読む>

 

“避難グッズには、優先順位をつける!”
最も優先順位の高いものは、人間用の避難グッズと同じバッグに入れ、避難時に持ち出します

“優先順位Aはどんなもの?”
ペットの病気に関わるものはMUST!薬や療法食はそれぞれ最低1週間分用意しましょう

出典:【犬猫の防災2015】非常用持ち出しグッズの考え方―ペット防災のプロに聞く(4)

 

OLYMPUS DIGITAL CAMERA

この記事が気に入ったら
フォローしてね!